体脂肪が減った簡単な理由とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 小松渚

あるダイエット中の男性の友人Aとご飯を食べに行った時筋トレの話をしていました。
Aは学生時代サッカー部に所属していて元々凄く体が引き締まっていたんです。
しかし、部活引退と同時にどんどん脂肪がついてきて、体脂肪率10%だったのが、社会人になると20%になっていました。

ただ、体脂肪率が増えたとしても部活で鍛えていた基礎の筋肉があるため
すごく痩せやすいはずでした。

なのに、Aはずっと“ダイエット中”で痩せることが出来ていなかったんです。そのため、私は簡単なアドバイスをしました。そしたら、Aはいつものトレーニングメニューに私のアドバイスを加えてトレーニングを始めたのですが、、、

今まで変わらなかった体脂肪率が、と同じトレーニングメニューで1ヵ月の間に体脂肪率を5%も減らすことが出来たんです。

 

では、私はどんなアドバイスをしたかというと・・・

・鍛えている部位を意識する
・姿勢をよくして下腹部に力をいれる

という2つのことだけです。
この2つのアドバイスは基本的にどんな筋トレを行うときも意識してほしいポイントになります。

でもAは、今までトレーニングを“回数をおこなせばいい”という感覚で行っていたため2つのポイントを意識していませんでした。
そのため筋肉に負荷がかかりきっていなかったようです。
なので、簡単なアドバイスをしただけで体脂肪率を落とすことができたのです。

私はたまにトレーニングジムに行くのですが、そこにもトレーニングの回数をこなしているだけの人たちが何人かいます。
もちろん、回数をこなしていけば時間はかかっても体を鍛えていくことはできます。

でも、鍛えたい部位を意識して、下腹部に力を入れながらスクワットを20回行った場合は、ただ回数をこなしただけのスクワット30回よりも効果が出やすいんです。

そのため、効率良くスピーディに理想の体型を目指すのであればトレーニングの回数よりも鍛えたい部位を意識することと、負荷をかけることを重視してみて下さい。

あなたは、回数をこなすだけのトレーニングになっていませんか?

-小松渚

P,S
どうしても、1人でトレーニングをすると回数をこなしただけで満足しがちです。

でも、ダイエットするからには早く結果を出したいですよね。

もしより早く結果を出したいと思っているなら、どれだけ回数をこなしたか、よりもどれだけ鍛えたい場所に負荷をかけたかが、大事になります。

この負荷のかけ方は、あなたの今の体型や目指している体型によって所々変わってきます。
そのため、1人で今の体型から目指している体型に近づけることは、正直簡単なことではありません。

ですが、目指している体型があり、その体型に失敗なく最短で近づく方法があります。
↓↓
その方法をみる

%ef%bc%93%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88