挫折しないシンプルな方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 From:長谷川広太

 

なにか目標を立てたはいいけど、達成できなかったり、あきらめたりした経験はありませんか?はじめはやる気があったけど、時間がたつにつれて、だんだんと気持ちが滅入り、結果的に三日坊主になったり、自分のことが嫌いになったりと、、、メルマガ読者からも立てた目標が達成できないといった声をよくいただきます。

 

僕もそういった経験たくさんあります。例えば僕が家で「今日は腕立て伏せ、体幹、腹筋、背筋、全部やってやるぞ!」と意気込んでも、途中からだらけたり、めんどくさくなったりして、結局あきらめてしまうことが多々ありました(涙)

 

しかし、僕の父親が教えてくれた実にシンプルな方法のおかげで自分が立てた目標に対する達成率がグーンとあがりました。その方法とは「自分のレベルに合わせた目標を立てる」というものです。・・・はい、斬新でも何でもないですが、本当にこの方法が効果的だと感じています。

 あれは僕が約42kmのマラソン大会に挑戦した時の話です。一番最初は5㎞すら走れませんでしたが、父親から「自分のレベルに合った目標設定するといい」というアドバイスを受けたんですね。いきなり42㎞走ることを目標とするのではなく、まずは5㎞、それが出来たら10㎞…というように小さな目標を立てていったのです。その結果、最終的には42㎞のマラソンを走破することができました。

 

「自分のレベルにあった目標設定をする」

 

この方法は、ダイエットにも応用可能です!ダイエットですぐに結果を出そうとするあまりに、達成困難な距離のランニングを試みたとします。ただ、その目標を達成できないと「やっぱり私にはダイエット成功できないんだ」とネガティブになり、モチベーションの低下につながりダイエットをあきらめることにもつながりかねません。

なので、あなたがもしダイエットでも、それ以外でも目標が達成できずに苦しんでいるなら「目標を少し低めに再設定する」ということをオススメします。

たとえば、1日腹筋103セットの目標が難しいなら回数を減らしてみるとか。ベンチプレスをはじめとしたウェイトトレーニングでも、いきなり難しい負荷に挑戦するのではなく、コツコツ負荷を上げていくことが大事です(そうやって心も鍛えていくものかもしれません)。

 

大事なのは「昨日の自分を越えること」です。昨日できなかったことが今日できるようになっていればそれは成長です。現状維持は後退と同じだとよく言われますが、僕はこの意見に賛成です。逆に考えれば昨日のあなたよりも少しでも超えて居ればいいのです。

 一気に10レベルアップしようと思わずに、1ずつ徐々にレベルアップしていくことを目標にする。1ずつならきっとがんばれると思います!それに、人は自分が設定した目標を超えると自然と自分の中でモチベーションがあがるものです。「次の目標もクリアしよう!」というやる気が起こりますしね。

 

ただ!

 

ここで気を付けてほしいポイントがあります。それは「最終のゴール、目標は変更してはいけない」ということです。ゴールにたどり着くまでの途中経過の目標を立てていくイメージです。一度最終の目標を下げてしまうと、どんどん下げてしまいがちですからね。

 この話はものすごくシンプルで「そんなの分かっているよ」と思うかもしれませんが、、、もしやったことがないのであればぜひやってみてください。

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

長谷川広太

2アンケート