体重を測ると変化がなくがっかり…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:古川広基

実は8月末と9月の頭にですね、24/7Workoutのセミナーをやってきました。アフィリエイターさん(僕らのことを多くの人たちに紹介してくれる方)向けのセミナーだったのですが、自社のことをより分かっていただくために資料を作りこんだりとか(資料が180Pオーバーになった日もありました)、来ていただいた方にプロテインをお配りして飲んでいただいたりとか、なんとか満足していただこうと考えてあれこれ頭使いました(笑

人前で話す経験は多い方ではないので緊張しましたが、満足していただけた声を戴いて安心しています。もちろん、日によっては僕の説明がまとまっていないこともあり、反省点も多々あるのですが。

 

・・・という個人的な話は置いておいて、今日は読者からのメールを共有したいと思います。

おはようございます!毎日スマホで糖質量を調べながら食材を選ぶ日々です。

外食やコンビニですます時はおかげさまでとても計算しやすく、ルールを守れていると思いますが、主婦なのでほとんどは家で調理しているため、正確には把握できてないのが現状です。

 

さて、質問です!
おかげさまであきらかに体も軽く、洋服にも余裕が出てきていると感じるのですが、体重を測るとなんの変化も無くがっかりしてしまいます。
これは何故なのでしょうか。
教えたいただけると幸いです。よろしくお願いします。

とのことなのですが、糖質量は超細かく把握する必要はありません。100%把握することはまずできませんし、神経質になりすぎるとストレスになってしまうものです。糖質量は大事ですが、「糖質を摂りすぎないように自分自身をコントロールすること」という意識をつけることが大切です(もちろん、ご家族と食事をされるのであれば、どうしても糖質量にこだわるのが難しい時もあるかとは思いますが…)

また、24/7Workoutに通われる方もそうなのですが、どうしても「数字」って気になるものですよね。体重が減っていないと落ち込みますし、増えていると焦りや怒りが出てきたりするものです。すごくよく分かります。ただ、体重って上下推移しながら落ちていくものですし、体調や水分量、またはその日の食事量によって上下します。それに停滞期も珍しいことではないですし、停滞期後一気に落ちるケースもあります。

また、脂肪と筋肉は重さも体積も違います。同じ体重であっても、体脂肪率が高い人と低い人では、見た目が全く違います。ですので、数字が気になるのはものすごくよく分かるのですが、見た目にも意識を向けてほしいんですよね。

食事と筋トレ(場合によっては有酸素運動)を正しく行っているのであれば、「見た目」にも変化が訪れているはずです。顎周りがすっきりしてきたとか、服のサイズが変わってきたとか。自分では気づきにくいものですから、周りの人に「変わった?」と聞いてみるのも良いかもしれません。

 

なんだかんだ言って、ダイエットって「気長に待つ」ということが大事だと感じています。種を植えて芽が出るまでに掘り起こしたら意味がないように、「結果」出るまでじっくりと待つ、ということが大事です。もちろん植物は水や光などを与え続けなければいけないように、ダイエットやボディメイクにおいても正しいこと(食事と筋トレ)を続ける必要がありますが。そのように気長に待つ、ということが実は最短の道だったりします。気長に、とはいっても1年も3年もかからないですからね。1ヶ月2ヶ月3か月、それくらいの期間で変化は現れるものです。

ただ「待つ」ためには「自分を律する」必要があります。くじけず、諦めず、言い訳せずに行動する。というと難しく聞こえますが、クセみたいなものです。朝はちゃんと起きる、時間に間に合うようにする、約束は守るなど、そういったことを意識していけば、おのずと自分を律することができるようになるものです(僕の経験上ですが)。もしくは、過去僕がお伝えした「理想の人だったらこの状況、どうするか?」と妄想したり、ですね。

そうして自分を律し、気長に待つということが、ダイエット成功につながっていく、というのが僕の考えです。テクニックや知識も大切ですが、考え方や姿勢といった精神的な部分も本当に重要ですからね。

 

・・・などと堅苦しかったかもしれませんが、人はつい自分に甘くなってしまうものです。もしダイエットやボディメイクで目指している目標があるのなら、「気長に待つ」「律する」ということを改めて意識していただければなと思います。

それではまた。ありがとうございました。

 

古川広基

2アンケート