糖質制限の「終わり」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、古川です。さて、これまで理想の体型作りについてお伝えしてきました。大切なのは、2つ。もう覚えていますよね??

  1. 糖質コントロール
  2. 週に2回以上の運動

この2つです(もちろんタンパク質摂取も大事です)。で、この2つのうち、太らないためには糖質コントロールが特に重要になってくるのですが、このような話をすると、次の疑問を抱く人がいます。

「一生、糖質を抑えないといけないの?」

そう思うのは自然なことで、僕も同じように思ったことあります。ただ以前もお伝えしたように、僕らはご飯やパンを食べていますし、スイーツだっていっぱい食べています(日々の運動量や筋トレ量にもよりますが)。糖質量を抑えるというのはあくまで効率的に脂肪を減らすためで、目標を達成してしまえば過剰に抑える必要はありません。

はっきりと伝えます。糖質制限には(あえて制限という言葉を使います)“終わり”があるのです。

僕らは「糖質コントロール」「週に2回以上の筋トレ」この2つを実践していますが、、、「筋トレ」を取り入れることで最終的に糖質制限を止めることが出来ます。

どういうことなのか?筋トレをして筋肉を付けることで、基礎代謝が上がるという話をしました。

基礎代謝が上がる

1日に消費できるカロリー量が増える

痩せやすく、太りにくくなる

リバウンドしにくくなる

というプラスの効果があるわけですね。ただ、それだけではありません。筋肉量が増えると、日々の活動量も上がります。糖質は僕らの運動エネルギーとして消費されるので、、、活動量(運動量)が上がるということは1日の糖質消費量も上がる、ということになります。

つまり、、、減量中は1日の糖質摂取量を「体重(kg)×1g」以内にするようコントロールしていましたが、「筋トレ」を取り入れたことによって糖質の摂取量が上がっています。早い話、普段の食事量に戻しても太りにくい体型になっている、ということですね。だから僕も、24/7のトレーナーも、24/7Workoutで結果を出している人も、ご飯、パン、パスタ、スイーツなどの炭水化物を食べても太らないのです。

※とはいえ、食事量を急に戻したり、暴飲暴食を繰り返し続けているとさすがにリバウンドします。徐々に食事量を戻していくのですが、個人によって戻し方に差があるのでプロのトレーナーに見てもらうのが安心です。

一生糖質制限し続ける、なんて苦しいことはやりません。短期間で、効率的に、筋肉を付けながら体重を落とす。女性も綺麗な身体を作るなら筋肉は必須です。僕ら、24/7Workoutが目指す“お客様の最終的な状態”というのは「糖質コントロールを止めても理想の体型をキープできる状態」なのです。

他の読者の方たちも「ご飯を一生控えなきゃいけないのかな…」と思っているかもしれないので、こうしてお話ししてみました。参考にしてみてください。

それではまた。
ありがとうございました。

 

古川