ダイエットに必須の“習慣力”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

どうも、こんにちは!

実は読者から「習慣化できない…」といったメールを頂くことがあるんですけど、

(何とか力になれないか…)

と思って“習慣”に関する本を読んでみたんです。(もともと読書は好きなので)

そしたら意外と私がハマってしまって(笑

一気に読み進めてしまったんですが、
実は「とても面白いこと」が書かれていたんです。

私が読んだのは「習慣の力」という本なんですが、
その著者によると、

私たちが日々生活しているうちの約4割は
「習慣」だというんです。

つまり、私たちが日常的に行っている事の4割は、無意識に体を動かしていると。
「信じられない!」と思うかもしれませんが、そんなわけです。

例えば、朝起きて、水を飲んだり、歯を磨いたり、ご飯を食べたり、顔を洗ったり、ということは意識しなくてもできますよね?
なぜならこういったことは、習慣になっているからです。

習慣になっていることは、辛いと感じないはずです。あまり考えずに自然と行えます。
理想を言えば、ダイエットを成功させるためには、それを習慣化すればいいのです。

そうすれば、さほど辛いと感じずに、ダイエットを成功させることができます。
そもそもダイエットの語源は、(diaita ディアイタ)という古代ギリシア語ですし、「生活習慣」という意味です。

つまり、ダイエットとは元々は生活習慣のことなのです。

何か裏技を使ったりして、一瞬で痩せるというより、適切な生活習慣を身に付けて、
体型をキープするというのが、本来のダイエットの在り方だと思います。

体型をキープするためには、食事や運動を習慣にするということが大切になってきます。

食事でいえば、食べ過ぎないようにしたり、糖質量を制限したり、また週に2回程度ジョギングなどの運動をするようにしたり、などといった習慣をつくることです。
こういったことは、最初は辛いかもしれません、、、

しかし、著者曰く、

どんなことでも30日で習慣になる

とのこと。「本当かよ!」と思ったのですが、人間が他の動物と比べて優れているのは、環境に適応できるからだ

という著者の主張に妙に納得してしまいました・・・

引っ越しをしたり、新しい職場になったら、最初は不安でしかたないですが、そのうち慣れてきますよね?
習慣とは「適応」することなのです。

たとえ、最初は意識的に行動しなければならず、辛かったとしても、
それを30日間でも続ければ、習慣にすることができるのです。

例えば、私に関して言えば、朝にトランポリンをすることが習慣になっています。
「朝にトランポリンなんてしてるのか?」と驚かれると思いますが、
私にとっては習慣であり、特に意識することもなく、身体が勝手にトランポリンを始めてしまいます。

これも最初は、意識的に行っていたことですが、
今では朝起きて、水を飲んで、顔を洗って、トランポリンするみたいな自然な事として生活に溶け込んでいます(笑)

 

ポイント

習慣を作る2つのポイントについてお話ししていきます。

 

1.習慣は1つずつ取り入れていく

多くの人があれもこれもしようとしてしまいますが、まずは1つずつです。朝に○○を食べて運動もする。というのはダメです。どちらか1つにしてください。
それを30日間続けてから、「とくに意識しなくても自然にできるようになったな・・・」と実感するようになってから、また新たな事を始めて習慣に取り入れていきましょう。
いきなり、あれもこれも始めると結局どれも続けられず習慣にできない可能性大です。

 

2.習慣を作るプロセスをしっかりと認識しておく

何でもそうですが、最初は必ず意識的にやってから、その後に無意識に行動できるようになります。
自動車の運転と同じです。最初は、意識的に運転する必要がありますが、
慣れてくると自然に運転することができるようになります。習慣を作るには、この2つのプロセスがあります。

 

以上2つのポイントを意識して、あなたもダイエットを習慣化させていきましょう。

 

ー青木大輝

 

 

 

 

%ef%bc%93%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88