正月のやる気を持続させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

From 青木大輝

どうも、2017年あけましておめでとうございます。
今年の目標は、しっかりと決まったでしょうか?

以前のメルマガでもお話ししましたが、
目標があった方が自分の進むべき道が明確になっていいのです。

自分の進むべき道が明確に決まっているだけでもだいぶ楽になります。
私も今年は、目標をしっかり立てたおかげで、
自分がいまやるべき行動が明確になりました。

さて、ここまではいいとして・・・・

問題は、目標設定しても行動できない場合ですよね・・・
多分、ほとんどの人が目標設定をしたことがあると思うのですが、
それでもなかなか達成することができない・・・ってことありますよね。

じゃあ、なんで達成できないの?って話なんですが、

 

天は行動しないものには決して手をさしのべない

イチロー

 

もしかしたらぐさっときたかもしれませんが、
当たり前っちゃ当たり前なんですが、
行動しないと人生は変わりません。

「ダイエットしたい!絶対痩せる」と宣言して、本を読んで、理想の未来を描いて、瞑想をして、メルマガを読んで・・・

でも行動しなかったらそりゃ結果は出ませんよね・・・

 

ダイエットをしている人は、
辛くて目を背けたくなることかもしれませんが、

痩せるためには、

・食事制限(低カロリー&低糖質)
・運動(有酸素運動&無酸素運動)

はする必要がありますね(もちろんボディメイクでもこの継続が重要です)。

実際に行動をする必要があるのです。好きなものバクバク食べて、運動をまったくせずに、勝手に体重が痩せるほど、上手くできてないんですね。(残念なことに)

でも、そんなことはあなたもわかっていると思います。
行動したいけど、できない。行動したいけど、続かない。

おそらくそんな状態だと思います。

 

モチベーションを保つ方法。

そういう人に、大切なのがモチベーションです。モチベーションを持つこと。それができれば、行動することもできます。逆に、モチベーションがないと行動できないですね。

で、モチベーションというのは、「なぜ」から生まれます。

「なぜ」を考えることによって、モチベーションは高まります。

どういうことかというと・・・

私は小学生の頃、空手をやっていたのですが、それを始めた動機は、喧嘩が強くなりたいからでした。「空手をやっていれば、ムカつくあいつを倒せるだろう」と。そんなことを考えていた子供だったわけです。

でも、そのような動機を空手の師範に暴露したら、思いっきり殴られて叱られました。「そんな動機で空手をするな。自分自身と大切なものを守るためにやれ」と言われましたね。

でも、子供だったので、そんなことを素直に受け入れるわけもなく、そのまま空手をやめてしまいました。

僕にとって空手をやる理由(なぜ)は、喧嘩が強くなりたいからだったのです。でもそれがなくなってしまったから、空手を続ける理由がなくなりました。(その時に、新しい理由が見つけられれば、空手を続けていたかもしれませんが。)

あなたも今、ダイエットにしろ何にしろ、目標があると思います。

その目標を達成するために、必要な行動も理解していると思います。

でも、なかなか行動できない・・・・

そういう場合は、「なぜ」を考えてください。

 

なぜそれをするのか?

これを考えてみるだけで、自分の行動の意味も分かるので、よりモチベーションが保てるようになると思います。それと、モチベーションの数はできるだけ多い方がいいです。

英語を勉強する理由が

・TOEICで800点以上を取る

だけの人と、

・TOEICで800点以上を取る
・外国人の友達を作りたい
・英語を話せるようになって、海外旅行でスマートに決めたい
・仕事で必要
・洋書を読みたい
・海外に移住したい
・洋画を字幕なしで見たい

とたくさんの理由がある人とでは、
後者の方が英語を勉強するモチベーションは、高くなりますよね。
だから、「なぜ」を考えるときは、できるだけ多く書き出した方がいいでしょう。

「なぜ」の数が多ければ、多いほどモチベーションも高くなります。
最低でも10個は書き出すことをおすすめします。

 

ー青木大輝

 

%ef%bc%93%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88