体重の増減ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは。

実は私、最近トレーニングにはまっています。

目的は筋力をつけるためです。

家にダンベル、
腹筋ローラー、
プッシュアップバー、
バーンマシンなど…

結構買い揃えたんですよね。

個人的には、腹筋ローラーや
プッシュアップバーは重宝しています。

腹筋ローラー、
これ結構きついんですが、
かなりお腹に効くんですよ。

プッシュアップバーは、床より少し高い位置で
腕立て伏せが出来るようになるための器具です。

普通に腕立てをするよりも負荷がかかります。

これらを使ってトレーニングしています。
後は、スクワットもしています。

で、トレーニングが終わった後は、
プロテインを飲むようにしています。

・・・・・とまあ、
こんなことを週2~3回ぐらい行っています。

トレーニングって決して楽なものではない、むしろある一定の意志力を必要とするんですけど、、、

こんな私がモチベーションを保つために
行っていることがあります。

それは、毎日体重計を見るということです。

そうすることで、
自分の体重が把握できるわけですが、

数値を見ると、
昨日より増えていることもあれば、
減っていることもあります。

(体重は水分量やその日の体調などで
 上下するので問題ありません)

もちろん数値の変化に
一喜一憂することもありますが、

私の場合は、
毎日体重計を見ているうちに
これがゲームのように思えてきました。

「ゲームって?」

と思うかもしれませんが、

これは、自分の目標とする体重に
到達するまでのゲームのようなもの
だと私は、考えています。

目標体重が達成できたらゲーム終了です。

こう思うことで、自分の中である変化が起きました。

それは、途中の挫折があまり辛いと
思わなくなったということです。

ゲームをやったことがあるなら
わかると思いますが、

ゲームの主人公は決して勝利続きではないですよね。

ストーリーの途中で必ず挫折や失敗を味わいます。

失敗があるのが当たり前で、
むしろそれを乗り越えて
最終的に成功します。

そう思えた時、私は、

「今、失敗しても最終的に目標達成できるから問題ない」

と思えるようになりました。

ダイエットをしていると、
思うように結果が出ずに、
落ち込んでしまうこともあると思います。

以前の私の場合は、
そのままモチベーションがなくなって
辞めてしまっていました。

しかし、今では

 

「途中で挫折や失敗を味わうのは当たり前」

と考えているので、
結果が出なくても(少しは落ち込みますが)
そのまま継続することができています。

あ、もちろんただ継続するだけではありません。
改善する努力はします。

ダイエットって停滞期ってあるじゃないですか。

停滞期を経験すると、
多くの人はそこで

「ああ、もうダメだ・・・・」

って挫折して辞めてしまうこと
があるんですよね。

確かに努力しているのに、
結果が出ないとネガティブに
考えてしまいがちですよね。

でもですよ。

ほんとは、もう少し努力すれば
成功できるかもしれません。
(101回目のプロポーズも、
100回失敗しても 諦めなかったから
こそ上手く行ったんですよね) 

途中で辞めてしまっては
もったいないですよね。

だから、
もしあなたが挫折しそうになったら、
それをゲームのように考えて

「目標達成には失敗はつきもの」

と割り切っていくことをおすすめします。
(だからといって否定的にならないように!)

 

そう考えると少しは気が楽
になるかもしれませんよ。

今回はゲームに例えてお話ししましたが、

もちろん、
ダイエットやボディメイクは
体重を落としたらそれで終わり、
というわけではありません。

それらを習慣にして継続し、
人生史上最高の体型を
キープすることが本来の目的ですからね。

そのためにも
途中の失敗で諦めるのではなく、

「ゲーム感覚で楽しむ」

というポジティブな発想で
実践してもらえればなと思います。

参考にしてみてください。

ー青木大輝

 

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%91