なぜ従来のダイエットではダメか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

「あ、このダイエットはダメだな・・・」

私は昔と違って、今はダイエットの知識やノウハウが豊富なので

間違ったダイエットとそうでないダイエットが
こんな感じにすぐにわかります。

従来のダイエットの王道と言えば、
有酸素運動と食事制限の組み合わせです。

ジョギングや水泳などの運動をして、
カロリーの高い食品を食べないようにして、、、、

って感じでしょう。

この方法は一時的に痩せたり、体重を落とすことが
目的ならば、有効かもしれません。

しかし、

体重を落とした後にもそれを長期的にキープすることを
望んでいる場合は、あまりおすすめできる方法ではありません。

「どうしてですか?」
と思われるかもしれませんが、
これには理由があります。

例えば、ジョギング、水泳などの有酸素運動。

これらは、脂肪を燃焼する目的がありますが、
実は、脂肪を燃焼する以外に同時に筋肉も燃焼します。

こうすることでサイズダウンはできるのですが、
1つ問題があります。

それは、筋肉も燃焼されるので、
基礎代謝も落ちてしまうということです。

つまり、有酸素運動をすると、
脂肪と同時に筋肉も燃焼されてしまいます。

見た目のサイズは一時的にダウンしますが、
運動をやめればアッという間にもとに戻ります。

しかもサイズを戻すのは筋肉ではなく、体脂肪です。

つまり、リバウンドしてしまうと、
ダイエット前よりも
筋肉の量が減ってしまっている状態です。

基礎代謝はもっと下がっているので、
より痩せにくくなってしまうというわけですね。

痩せにくい体を作ることが目的ならば、、、

まずは、筋肉量を多くすることを優先してください。
筋力トレーニングなどの無酸素運動をしましょう。

そして、基礎代謝が増えて、
体脂肪を燃やしやすいカラダを作り上げてから

食事や有酸素運動を
取り入れていくといいでしょう。

今日は短くなりましたが、
とても大切なことなので
改めて頭に入れてもらえればと思います。

ー青木大輝

 

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%91