目標設定でミスしたかも・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

去年の話なんですが、
私は自分の目標に書いてある紙を見たんですね。

で、その中には、色々目標が書いてあったんですが、
その中には、達成しているものと
そうでないものがありました。

例えば、この中の1つに、

今年中に英語を話せるようにする
~~~~~~~~~~~

という目標でした。

しかし、私はこれを達成する
ことができませんでした。

そして、それを達成できなかった
自分を責めてしまいました。

なぜならそれを達成できなかったら、
ダメだと思いこんでいたからです。

その結果、自分を追いつめることとなりました・・・・。

目標を立てるのもいいことですが、
あまりそれにとらわれすぎると、

達成したかどうか、
0か1で自分を判断してしまいます。

これは、自分のメンタル(精神)を
苦しめることになってしまうので、
あまり良くありません。

「では、どうすればいいんだ?」

と思われそうですが、

目標を立てるときは、結果ではなく、
プロセスにフォーカスしたほうがいいです。

例えば、、、そうですね。

ダイエットの語源は
ギリシャ語の「diata」で
「日常の食べ物」という意味なのですが、

それが転じて
「健康的な生活を送ること」
といった意味になりました。

目先の目標としては
「体重を●kgにすること」
といったものがあるかもしれませんが、

最終的には

「理想の体型をキープし続けて、
 太らない健康的な生活を送ること」

という目標がありますよね。

じゃあ太らない健康的な生活が
どういうものなのかといったら、

・糖質を多いものを食べ過ぎない
 (食事をコントロールする)

・運動(筋トレ)を習慣にする

・睡眠を十分にとる

・ストレスを溜めないようにする
(そのために人間関係を円滑にしたり、、
 普段の生活を見直したり、、、
 といったことが重要となってきます)

・常に向上心を持つ

・前向きにとらえる意識を持つ

など、上記を意識した
生活だと考えています。

なので、これらを
日常から意識出来ているかどうか?

こういったことを意識出来ていれば、
自然と理想の体型になっていくはずです。

といったわけで、、、

結果ではなく、「プロセス」を
目標にした方がいいでしょう。

というのも、計画(目標)を
立てて行動したからといって、

それが確実に達成されるとは、
限らないわけじゃないですか?

途中で何らかのトラブルが発生して
目標を遂行できない可能性は
十分にあり得ますよね。

私も学生時代は、テスト前に目標点数を
決めてガリガリ勉強したことがありますが、

結局、それが達成できずに
落ち込んでしまったことがあります。

多分、あなたも目標を立てたにも関わらず、
それが達成できなくて落ち込んで
しまった経験はあると思うんですよね・・・

だから、私は、「結果」に
焦点を置く目標を立てることは
あまりお勧めできません。

それよりも、目標は「結果」を
達成するための「プロセス(行動)」

私の場合は、今年から目標は、
結果ではなく「プロセス」そのものにしています。

例えばボディメイクで言うと、

毎日、プロテインを2杯以上を飲む
BCAAを飲む
週に3回の筋力トレーニングをする
毎日、サラダチキンを食べる

・・・・・などです。

その結果、「結果」を達成するための
「プロセス」そのものが行動になっているので、
自然と本来、自分が求めていた結果に近づいていっています。

さらに、全然結果が出なくても
焦る気持ちもありません。

なぜなら、行動することで
自分の中では、目標を達成できているからです。

「よし!今日は、プロテインも飲んだし、サラダチキンも食べて、トレーニングもしたから充分だ」って感じです。

=================

「結果」ではなく、「結果を達成するための行動(プロセス)」を目標にする。

=================

もし、あなたが目標を設定するときは、
参考にしてみてください。

ー青木大輝

 

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%91