ダイエットの為にニートになろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

おはようございます。

今日は、ニートについて話していきます。
実は、ニートってものすごくダイエットにいいんです。

だから、あなたも「ニート」を意識して生活してみましょう。
ところで、あなたは、ニートって知っていますか?

「知ってますよ。働いていない人のことでしょ?」

と思われるかもしれません。

しかし、そっちのニートのことではありません。

今回、お話しするニートとは、NEATのことです。
NEATとは、《nonexercise activity thermogenesis》の略でして、

意識的に行う運動によるものではなく、
家事や通勤・通学など日常生活で
消費されるカロリーの合計を意味します。

非運動性熱産生といいます。

これは、あくまで日常生活における消費カロリーのことです。

ジムの筋力トレーニングや運動で
消費されるカロリーは含まれません。

日常生活での消費カロリーというと
一見たいしたことなさそうに思えますが、
実はこのNEAT、あなどってはいけません。

というのも、日常生活での運動量は、
週3でハードな運動とカロリー制限と同じくらいの
ダイエット効果があるという研究結果もあるくらいだからです。

なので、筋トレと食事コントロールに加えて、
NEATを増やすことも意識していくと
ダイエット効率が高まる効果が期待できます。

運動や食事コントロールももちろん大切ですが、
それと同様に「NEAT」を増やすことも大切なんです。

本当に、日常的にちょっと意識するだけでいいです。

例えばですが、

・電車では座らないで立ち上がる

・歩ける距離ならば、歩く

・エスカレーターではなく階段を使う。

・姿勢を正す

・ペットと散歩に出かける

といったことだけでも意識して行うと、
NEATは増えます。

これが増えると、痩せやすい身体になります。

あ、ちなみにNEATは、基礎代謝とは違いますよ。

基礎代謝は、生命を維持するために必要なエネルギーで
NEATは、日常的な運動で消費されるエネルギーのことです。

これら2つで1日の
消費エネルギーの80~90%を占めます。
(NEATの消費エネルギーは、約20%ほどです)

痩せるために、大切なのは、
代謝を良くすることですが、
基礎代謝を上げることばかりに注目するのではなく、
NEATを増やすことを
取り入れてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、私は駅のホームとかでは、
エスカレーターではなく、
階段を上るようにしています。

こういった単純なことで、NEATが増えるので、
ぜひやってみてください。

ー青木大輝

 

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%91