筋肉は、400種類ある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは、

毎度このメルマガを読んでくれている
あなたは、知っていることだと思いますが、

 

「ダイエットで結果を出したいならば、筋肉をつけるべきです。」

なぜなら、筋肉をつけることで、
基礎代謝が上がり
痩せやすい身体になるからです。

中年太りの原因は、筋肉が減少し、
基礎代謝が下がったことにあります。

だから、これを防ぐために
筋肉をつけましょう・・・

というお話しなのですが、

一口に筋肉といっても身体には、
たくさんの種類があります。

数でいえば、400です。
(骨格筋の数)

もちろん、この全部を鍛えるとかいう無茶なことをする必要はありません。

優先順位の高い10個の筋肉をピンポイント
で鍛えていけばいいのです。

【上半身】

大胸筋・・・胸の筋肉
広背筋・・・背中の筋肉
三角筋・・・肩の筋肉

【体幹】

腹直筋・・・お腹の筋肉
腹斜筋…胴体の横の筋肉
背柱起立筋・・・背中の筋肉

【下半身】

大腿四頭筋・・・太ももの筋肉
ハムストリングス・・・太ももの裏
大臀筋・・・お尻の筋肉
下腿三頭筋・・・ふくらはぎ

以上、10か所を優先的に鍛えていきましょう。

なぜなら、これらはアウターマッスルと言われるのですが、ボディラインの輪郭を作ってくれるからです。

さらに、サイズが圧倒的に大きいので肥大すると基礎代謝を上げて太りにくい体質を作ってくれます。

およそ400種類の筋肉があるわけですが、このように、ポイントを絞ることで効率を上げることができます。

 

アウターマッスルに関しては、運動不足や加齢で衰えやすいです。

なので、筋トレをするときは、
アウターマッスルに絞って行う方が良い、
というのが私の実体験を通した考えです。

なので、もしあなたが効率よく
筋肉をつけていきたいと
考えているなら、

今回お伝えしたように、ポイントを絞って鍛えた方が、見栄えがよく、基礎代謝がいい体になるでしょう。

それでは!

 

ー青木大輝

2アンケート