今までしてこなかった食の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

 

こんにちは。

今日はダイエットやボディメイクには
欠かせないタンパク質について
改めてお伝えしようと思います。

今までメルマガでは
してこなかった話なので、
目を通してもらえればなと。

当たり前のことですが、
食事って凄い大切ですよね。

自分の食べたものが
自分の身体を作り出すわけですし。

だから私は毎日、
肉や卵、納豆を食べています。

別にこれらの食べ物が好きだ
というわけではなく、
これらが質の良いタンパク質だからです。

「質の良いタンパク質って何?」

という疑問もわいてくると思います。

ひと口にタンパク質と言っても食品によってその中身には違いがあります。

その差を示すのが、
「アミノ酸スコア」です。

タンパク質を作る
20種類のアミノ酸のうち、

以下の9種類は
体内で合成されない必須アミノ酸です。

=============

「必須アミノ酸」

1.バリン

2.イソロイシン

3.ロイシン

4.メチオニン

5.リジン(リシン)

6.フェニルアラニン

7.トリプトファン

8.スレオニン(トレオニン)

9.ヒスチジン

=============

※必須アミノ酸とは、その動物の体内で十分な量を合成できず、栄養分として摂取しなければならないアミノ酸のこと。

必須アミノ酸の構成は
食品によって異なり、

この必須アミノ酸の構成バランス※を
示すのがアミノ酸スコアです。

(※9種類の必須アミノ酸が含まれている割合)

このスコアは上限を100とした
数値で表され、

数値が高いほどアミノ酸が
バランスよく含まれていて、

栄養価が優れている食品と
考えられています。

逆に、この数値が低いと、
アミノ酸のバランスが悪いわけですね。

実は、私たちの体内で
作られるタンパク質には、

そのタンパク質を構成する
アミノ酸のすべてが必要です。

なので、どれかが不足すると、
合成がうまくいきません。

そのため、
体内で作られるタンパク質の量は、

含まれるアミノ酸の量に
影響をうけてしまうのです。

つまり、アミノ酸スコアが低いと
作られるタンパク質量が少なくなる、
というわけなんです。

なので、
アミノ酸スコア100の食品ほど、
良いタンパク質だといえるでしょう。

アミノ酸スコア100の食品とは、

・肉類(豚、鶏、牛、馬など)
・魚介類(サケ、アユ、イワシなど)
・大豆製品(豆腐、牛乳など)
・他、卵、ヨーグルトなど

などがあります。

こういった食品を摂取していくと、
ボディメイクに必須な栄養である

「良質なタンパク質」を摂取することができるのでオススメです。

先ほども言いましたが、
私の場合は

・朝に、卵と納豆
・昼に肉か魚
・夜に肉を食べて、プロテインを飲む

という感じで、
アミノ酸スコア100を
意識した食事をしています。

ただ、こういうことは、

あえて言わなくても
無意識に出来ている場合が
ほとんどかもしれませんが、

「アミノ酸スコア100」
という概念は、

ぜひとも知っておいてほしいので、
お伝えしておきました。

それでは!

ー青木大輝

2アンケート