人類は糖質を食べていなかった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは。

実は、私、朝は全く食べられません。
食欲がないのです。

まあ、それでも
ボディメイクのために食べますが。

私の場合は、

卵やサラダチキン、サラダは
何とか食べられるのですが
身体が白米をうけつけないのです。

ダイエットにおいて、
有効だと言われている方法の1つとして
「糖質制限」があります。

私たちの運営するジムでも
取り入れられています。

糖質制限というと、

「そんなことをして体に悪くないのか?」

と思われる可能性もあるかもしれません。

しかし、私たちの体はもともと
糖質を大量に受け入れるようには、
できていないのです。

人類が誕生したのは、
元々700万年前です。

農耕が開始されたのが、
およそ1万年前なので、
少なくとも穀物を
食べていませんでした。

日本人は、
農耕民族だと言われますが、
歴史的にみれば、

農耕が開始される1万年前の
それ以前の約700万年は、狩猟、採集をして
生活をしていました。

つまり、食べるものとしては、

約700万年:動物、昆虫、植物、魚介など
(高タンパク、低糖質の食事)

約1万年:穀類が主食に

ということで、

我々の祖先は糖質を
日常的に食べていなかったのです。

糖質を食べ始めたのは、
約1万年前からです。

人類の歴史の中で糖質を食べてきた時間が
いかに短いかおわかりですね。

興味深い話ですが、

血糖値を減らすホルモンは、
「インスリン」のみですが、

血糖値を増やすホルモンは、
グルコビン、エピネフリン、
アドレナリン、など複数あります。

さらに肝臓では、ブドウ糖を作ります。
これを糖新生といいます。

これらの事は、
長い歴史のなかで
血糖が上がる機会が
いかに少なかったかを物語っています。

(人間は、食にありつけない
歴史を送ってきているので、
飢餓に強いのです。
食べ物に困らなくなったのは、
歴史的にみてここ50年ほど前からです)

そもそも私たちの体は
大量の糖質を受け入れるようには
なっていないということです。

それなのに、

現代では糖質を大量にとる食生活の繰り返し。

ですから、

肥満や糖尿病になったり
してしまうわけですね。

じゃあ、肥満や糖尿病になった人は
どうすればいいのか?

答えは簡単です。

太古の昔に
祖先が食べていたものに
ならった食事すれば、
体に負担がかかりませんし、健康的です。

なので、高タンパク質、低糖質の食事が
いいということになってきます。

野菜や肉、魚、果物を
メインに食べるようにして、
穀物や加工食品を
避けるようにしていきましょう。

それでは。

ー青木大輝

2アンケート