空腹ホルモンをハック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは。

突然ですが、朝、起きてものすごく
お腹が空いている日と
あまり食欲がない日がありませんか?

私は、どちらかというと、
朝は、あまり食欲がない方です。

(まあ、バルクアップのために頑張って食べていますが)

そういえば、食欲といえば、
ダイエットのカギは
食欲のコントロールにあります。

しかし我慢しようとしても、

食欲は意志で抑えることはできません。
体が引き起こす自然現象です。

なぜなら食欲の発生には、
体内で分泌される2種類のホルモンが
大きく関与しているからです。

それは、
「レプチン」と「グレリン」
というホルモンです。

レプチンは、満腹中枢を刺激し、
満腹感を感じるようにします。

主に、食事後に分泌されます。

グレリンは、食欲中枢を刺激し、
食欲を増します。

これは、空腹で体内のエネルギーが
不足しがちなときに、分泌されます。

ということなので、
レプチンを多く分泌させ、
グレリンの分泌量を減らすことが
食欲を抑えることに直結します。

じゃあ、どうすればいいの?
ってことなんですが、

実は、非常に簡単な方法があります。

睡眠をとってください。

というのも、

実は、睡眠時間が5時間未満の人は、
食欲を刺激するグレリンが多く、
食欲を抑制するレプチンが少ないです。

つまり、過食をまねきやすい
状態であるという研究結果があります。

まあ、普通に考えて
寝ているより、起きている方が
エネルギー消費は激しいですから、

当たり前っちゃ
当たり前なんですけど。

あまり睡眠時間が短いのも
よろしくないですよ・・・
って話です。

なので、

あなたが短時間睡眠の場合は、
もう少し眠るように
した方がいいでしょう。

最低でも6時間、できれば7時間半は
眠るようにすることを
おすすめします。

それでは!

ー青木大輝

2アンケート