筋肉は2種類の線維からなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは。

筋肉を鍛えるといっても、
いろいろあります。

鍛えることで、細くなる場合もあれば、
鍛えて、太くなることもあります。

「え、どういうことですか?」

と思われるかもしれませんが、

マラソンランナーと
格闘家を思い浮かべてみてください。

ランナーって細く見えますが、
格闘家は、ガチガチに見えますよね。

両方とも鍛えているので、
筋肉がついているのですが、

見た目が違うには、理由があります。

筋肉は、2種類の線維から
成り立っています。

遅筋繊維と速筋繊維です。

遅筋線維とは、その名の通り
収縮するスピードが遅くて
弱い力しか出せないのですが、
スタミナに優れているという特徴があります。

そして速筋繊維は、
収縮するスピードが速くて
瞬間的に大きな力を発揮しますが、

スタミナがなくてすぐに
バテやすいという特徴があります。

すべての筋肉はこの2タイプを
適度にブレンドしたものです。

遅筋と速筋の性質は対照的です。

お互い短所を補うことで長所が発揮され、
筋肉の機能をトータルに高めているのです。

遅筋は赤く見えることから赤筋、
速筋は白っぽくみえることから白筋
とも呼ばれています。

マグロやカツオのように
大海原を回遊している
魚は持久力の高い赤筋が多いため赤身であり、

ヒラメやカレイのように
海底の砂や泥などに潜んで

小魚が近づくと
猛ダッシュで捕食する魚は

瞬発力に優れた白筋が多い
ため白身になるのです。

ヒトの場合は、

遅筋と速筋はほぼ50%ずつ
配合されていますが、

そのブレンド率には個人差があり、
遺伝で配合率はある程度決まっています。

かってはその割合は
後天的には変わらないと
いわれていましたが、
現在ではその説は否定されています。

その配合はトレーニングによって変えられることが判明しています。

ランニングのような
持久的なトレーニングを
行っていると遅筋が増えてきて、

筋トレのような瞬発的なトレーニング
を行っていると速筋が
増えることがわかっています。

その結果、

鍛錬した格闘家は、速筋が多くなり、
マラソンランナーの脚は遅筋が多くなります。

速筋と遅筋で比べると、
加齢で衰えやすいのは速筋、

そして筋トレで成長して
太く大きくなるのも、もっぱら速筋です。

例え速筋が生まれつき
少ないタイプでも、
筋トレを続けていれば
速筋が増えてきます。

そして加齢で速筋が衰えたとしても、
筋トレに励んでいると
衰えが取り戻せるのです。

見た目を良くしたければ、
速筋を鍛えることをおすすめします。

つまり、筋トレがいいってことですね、結局。
筋トレおすすめです。

速筋を鍛えるには、
回数をこなす必要はありません。

自分がぎりぎり8~10回できる重量で
トレーニングをしましょう。

(私も週3回は、筋トレしています。
私は、ランナーのような体よりも
格闘家のような体型になりたいので
筋トレをして、速筋を鍛えています。)

それでは!

ー青木大輝

2アンケート