食べ合わせ相乗効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは。

いきなり自分の話になりますが、

私は、生姜焼きが好きです。
この前もやよい軒にいき、
生姜焼き定食を食べました。

そして、思ったんですが、

「なぜ生姜焼き定食には玉ねぎが含まれているのか?」

ってことです。

正直、私はあまり野菜が
好きではないので、
肉だけ食べていたい人間です。

昔は、生姜焼き定食や牛丼は、
玉ねぎをよけて食べていました。

しかし、ある日とある栄養学の
本を読んでいた時に、
食べ合わせについて知りました。

なんでも、

長ネギや玉ねぎに含まれる成分が
ビタミンB群を体内に
長く留まらせる作用を持つ、

ということなんです。

ビタミンB群を持つ豚肉と
組み合わせることで
吸収率を上げ、単品で食すよりも
効率よく栄養を摂取できます。

豚の生姜焼きに玉ねぎが
含まれているのは、
実は、計算された仕組みだったんですね。

・ステーキと野菜
・鶏肉と長ネギ

などにも消化を良くする食べ合わせです。

消化が悪い食べ物ばかりだと、
内臓に負担をかけてしまいます。
(代謝が悪くなる)

それに、食べ物に含まれるタンパク質や
ビタミン等も摂取効率が悪くなります。

ダイエットやボディメイクにおいて
「消化が悪い」ということは大敵ですから、

食事をする際には、
野菜を摂るようにしましょう。
(消化酵素が含まれている生野菜がおすすめです)

トレーニングのためのエネルギーも
そこから作られる筋肉も
すべては、食べたものから生まれます。

私もそうだったのですが、
トレーニングをしていると、
タンパク質至上主義になりがちですが、

野菜が吸収をアシストしてくれていることも忘れないようにしましょう。

特に、お肉はあまり消化に良くないので、
野菜と一緒に食べると消化にGoodです。

もし肉だけ食べたり、
野菜をあまり食べていないようであれば
野菜も一緒に食べていくように
してみてくださいね。

それでは。

ー青木大輝

2アンケート