体脂肪を溜めなさい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

最近、体脂肪も筋肉も
どんどん増えている青木です。

私の場合は今よりも
ガッチリした体型になりたいので、
あえて脂肪も増やしています。

その後、トレーニングで
ガッツリ絞る予定です。

さて、体を太らせるのは、

高カロリー食、高脂肪食の暴飲暴食が
原因なのはもちろんですが、

それ以上に注意しなければならないのが
インスリンの出現です。

というのも、

インスリンは、
「体脂肪を溜めなさい」
という信号を出すホルモンだからです。

ダイエットでは、
これをいかにコントロールできるかが
カギとなってくるでしょう。

たとえ、

低カロリー、低脂肪の食事であっても

「体脂肪を溜めなさい」という
信号を出すインスリンが発生すれば、

ブクブクと太ってしまうことになります。

あまりご飯を食べていないのに、
太りやすい・・・

という場合は、

インスリンがたくさん分泌されて
いるのかもしれませんね。

なので、見直すべきことは、

「いかにインスリンを
出さないようにするのか」

ということです。

インスリンは、血糖値が
上昇すると発生します。

食べるタイミングと
食べ物を工夫することで、

インスリン・コントロールを心掛けましょう

では、どうすればいいのかというと、
主にポイントが2つあります。

1.なるべく空腹状態をつくらないこと

2.インスリンの出やすい食事を控えること

です。

空腹になると、
血糖値が下がりきるわけですが、

そのタイミングで炭水化物を摂ると
反動的に血糖値が跳ね上がり、
インスリンがドッとあふれ出てきます。

また、

砂糖、白米、食パンなどの「白物」など

インスリンの出やすい食事を
控えることも大切です。

このようにすることで、
インスリンの急激な分泌を抑えられるので
トータルで少々高カロリーに
なったとしても太りにくいというわけです。

もしあなたが、

「自分は太りやすいな・・・」

と感じている場合は、

もしかしたらインスリンが
原因かもしれません。

もし心当たりがあるのであれば、
今日お話しした2つのポイント、

1.なるべく空腹状態をつくらないこと
2.インスリンの出やすい食事を控えること

を意識してみてください。

それでは!

 

ー青木大輝

 

2アンケート