やる気が出ない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは、

「今日はトレーニングをする日だけど、なかなかやる気がでないな・・・」

と感じたことはありませんか?

私はあります。

あなたももしかしたら、
あるかもしれません。

では、そんなときどうすればいいのか?

まず、やりたくないと思っても

「自分は意志の力が弱い」とか

「トレーニングに向いてない」と
決めつけないでください。

なぜなら、
「やりたくない」と思うのは、
当たり前のことだからです。

そもそもトレーニングって
カラダに少なからず
負荷とストレスを与えます。

その負荷とストレスが刺激となり、
筋肉を内側から変えて
成長させる原動力となるのです。

といっても

負荷やストレスがかかることは
本音を言うと誰でも
「やりたくない」ものです。

トレーニングをやりたくないな・・・
と感じる理由は、大抵の場合、

疲れているからだと思います。

私も疲れて眠い時などは、
トレーニングをする気力が
なかなか起きません。

実は、疲労には2種類あります。精神的なものと肉体的なものです。

デスクワークなどで
脳が感じる疲労と

営業の外回りなどで
感じる肉体的な疲労です。

肉体的な疲労を感じている場合は、
無理してトレーニングをする必要はなく、
マッサージをするのがいいと思います。

むしろ、肉体的に疲労している状態で
トレーニングをしてもフォームが崩れて
効果が下がるのが関の山です。

なので、しっかりと体を休めましょう。

その逆に、デスクワークなどで
感じた精神的な疲労は、
脳が感じているもので、
肉体は疲労していません。

じっと座っているだけですから、

カラダは元気そのもの。

座りっ放しだと血液循環が悪くなり、

脳に疲労を感じさせている疲労物質を
洗い流す「代謝」が滞ります。

それがどんよりとして
疲労感の元になります。

筋トレに限らず、運動をすると
血液循環が改善しますから、
疲労物質の代謝が進み、
疲労感が軽くなります。

私の場合でいえば、
仕事はデスクワークなので、
体が疲れを感じるはずもありません。

夜に感じる疲労感は、
精神的なものです。

なので、疲れを感じても
とりあえずトレーニングを
することにしています。

そうすることで、
疲労感はいつの間にか
消えていたりもします。

なので、私が言えることとしては、

やりたくないと思った時でも、
やってみると気分が変わって
できるようになることがある

ということです。

なので、もしあなたが

「今日はあまり気分が乗らないな・・・」

と感じたとしても

ちょっとだけやってみると
気分が変わることもあるかもしれませんね。

それでは。

ー青木大輝

 

2アンケート