ダイエット停滞期のアプローチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは、

今日は、ダイエット停滞期における
アプローチについて
お話ししていきます。

ボディメイクをしている人のほとんどは、
この停滞期を経験します。

この停滞期は、やっかいなもので
自分の努力が数字に反映されないので、
モチベーションを下げる原因となります。

この停滞期を乗り越えられずに、
ダイエットに失敗してしまう人も
沢山います。

せっかく頑張ったのに、
そんなのは嫌ですよね・・・

というわけで、

あなたも高確率で経験する
可能性がある「停滞期」に
陥ったときのアプローチをお話しします。

「停滞期」の原因として考えられるのが、

食事コントロールなどをして、

摂取カロリーを減らして、
体重を落とした結果、

体が少ないカロリーで生きられる!
と認識してしまったことがあげられます。
(つまり省エネモード)

どういうことかという、

食事制限や糖質制限などで
食事が偏ったり、

摂取カロリーが減ったり
栄養が不足したり、、、

そのような状態が続くと、
体は生命の危険を感じ始めます。

「このままだと餓死で死んでしまう!」

そのように体が勘違いして恒常性が働き、
それを食い止めようとする働きが起こります。

例えば、少しの食べ物から
積極的に栄養を吸収しようとしたり、

体の消費エネルギーを
抑えようとしたり、

危機に備えて脂肪を
蓄積しようとしたり、

生き延びるために、
体は「省エネモード」になります。

その結果、体重が落ちにくくなります。

なので、

もしあなたが食事制限や糖質制限をして、
摂取カロリーが少ない状態が
続いている場合、恒常性の働きによって
ダイエットの停滞期に
突入している可能性があります。

じゃあ、そういう場合は、
どうすればいいのか、

というと、

「ドカ食い」

です。

「え?」

って思われるかもしれませんが、

ダイエット停滞期になったときには、
「チートデイ」を行って食べまくるのが
いいのです。

必要カロリーの2倍ほどの
カロリーを摂取するのです。

これを週に1日ぐらい行いましょう。

チートデイを行うことで、

莫大なカロリーを一時的に入れることで
体を騙すのです。

こうすることで、

体は、

「あ、少ない消費カロリーじゃだめなんだ」

と認識し、

消費カロリーを増やそうと活性化します。

もちろん、チートデイを行うと、
一時的に、体重は増えるかもしれませんが、

それでも基礎代謝は上がるので、
停滞期を抜け出すきっかけに
なる可能性もあります。

なので、

「どうしても体重が落ちない・・・」

という停滞期に陥っている場合は、
週に1回程度のチートデイを
取り入れてみるといいでしょう。

それでは。

ー青木大輝

 

2アンケート