最強の栄養食

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは。

あなたは、好き嫌いが多い方ですか?
私は、とても多かったです。

子供の時は、まったく野菜を食べることが
できませんでした。

今では、ある程度
食べられるようになりましたが、

それでもブロッコリーや
トマト、ナスなどは、苦手です。

ですが、

ブロッコリーを食べるのは、
ものすごく健康にもダイエットにも
アンチエイジングにもいいと聞いたので、

頑張って食べるようにしています。

緑黄色野菜の一種ブロッコリーは、
強い抗酸化力を持つビタミンAをはじめ、
免疫力をアップしストレスから体を守り、

肌を美しくするビタミンCなど、
栄養が豊富な食材です。

また、カロリーが低く、
水分と食物線維が豊富なため、
満腹感が得られ、

脂肪を燃焼するための
新陳代謝も上げてくれます。

ちなみに野菜には少ないタンパク質も、
100グラムあたり4.3グラムと多め。
(キャベツは1.3グラム、トマトは0.6グラム)

野菜のカテゴリーにおいては、
代謝アップと美肌に欠かせない
最強食材の一つと言って
間違いありません。

「でも、ブロッコリーは
女性ホルモンの邪魔になるから・・・」

と考えるかもしれませんが、

確かに、ブロッコリーは、

女性ホルモンエストロゲンの
働きを抑え、筋肉や骨格を形成する
男性ホルモン・テストステロンの働きを強めます。

(なので、ボディビルダーの
人たちは常備食としています)

しかし、女性ホルモンの過剰分泌は、
太りやすく痩せにくい体を作ります。

(過剰なエストロゲンは脂肪細胞を蓄積します)

とくに下半身太りに悩んでいる人などは、
ホルモンバランスを整えるために
適度に摂ってみるのも手です。

以前24/7Workoutに通われた
坂本さんもブロッコリーで
体を仕上げていました。

↓↓
たった3ヶ月のジムで大幅にダイエットに成功したので、その方法を公開したいと思う
http://247dieter.com/jym-diet/                

ダイエットやボディメイクにおいて
とても良い食べ物なので、

もしブロッコリーを食べていないのなら、
ぜひ普段の食事に取り入れてみてくださいね。

それでは!

ー青木大輝

 

2アンケート