今日からできる食欲抑制方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは。

先日、ステーキを食べに行きました。

会社の近くに
いきなりステーキがあったので、
筋トレをする前に食べにいったわけです。

赤身の部分は直ぐに
噛んで飲み込んでしまったのですが、
脂身の部分はそうはいきませんでした。

ステーキって脂身の部分が
凄く食べにくくないですか?

噛んでも噛んでも口の上手く砕けずに、
口の中に残る感がありますよね。

なので正直にいって、
脂身が好きっていう人は多いですが、
私はあまり脂身は好きではありません。
噛みにくいからです。

まあ、脂身はカロリーも高いですし、
脂質もたっぷり含まれているので、

ダイエットには良くないっちゃ
良くないんですけど。

それでもちゃんと噛む、
咀嚼するっていうのは、
ダイエットにおいてすごく大切なことです。

というのも、食べ物を噛むことで
咀嚼中枢が刺激され、

食欲抑制や内臓脂肪の燃焼を促す
ヒスタミンが放出されるからです。

 

つまり、ヒスタミンが増えると
「お腹がいっぱい」
と脳が感じるのです。

 

また、咀嚼すると唾液も出てきますが、
唾液にはIGF-1という成分が含まれ、
血糖値の上昇を抑える働きがあります。

よく噛むことで、
満腹中枢が刺激されるだけでなく、
体脂肪の燃焼や筋肉アップを
助ける成長ホルモンの分泌も促すため、

食事はよく噛んで
唾液を出すことが大切です。

あなたはちゃんと噛んで食べていますか?

もし、あまり噛んで食べていないならば、
これからは意識して、

最低でも30回は、噛んでから
食べるようにした方がいいでしょう。

 

それでは!

ー青木大輝

 

2アンケート