ダイエットの近道は食べること!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

 

今日はメルマガの読者さんから頂いた
ご質問にお答えします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

糖質制限ダイエットを始めて
2週間経ちますが、

順調に体重が減っていたのに
いきなり体重が変わらなくなりました。

どうすればいいでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

糖質制限ダイエットに関わらず
ダイエットを行っていると、

中々体重が落ちなくなる時期が
ありますよね。

あなたももしかしたら
経験あるかもしれません。

この、時期は
“ダイエットの停滞期”
といわれていますが、

何をすればいいのかというと、

ご飯をたくさん食べてください!

「っえ?
 食事量を減らすんじゃないの?」

と、思うかもしれませんが・・・

逆にたくさん食べることが、

この停滞期を脱出する
一番の近道になります。

ちなみにこの

【ダイエット中に
 たくさん食べても良い日のこと】を

【チートデイ】といいます。

“なぜたくさん食べるのか”

という説明をするためには、
まずは

“なぜ停滞期に入るのか”を
説明する必要があるので、

そちらからお話します。

実は停滞期というのは、
体の機能である「ホメオスタシス」が
働いているために起こります。

今までのメルマガにも
「ホメオスタシス」という言葉を

説明したことがあるので
知っているかもしれませんが、

ダイエットをする上で
大事な言葉になりますので、
改めて説明しますね。

「ホメオスタシス」とは・・・

体を一定の状態に保つ働きで、
体内の調整機能のことをいいます。

たとえば、

体が暑いときに汗をかいて
体温を下げようとしたり、

寒い時にブルブルと震えて
体温を上げようとするのも、

この「ホメオスタシス」があるから、
体が環境に合うよう
調整しようとしてます。

それと同じように、
ダイエット中で糖質制限し続けると、

ホメオスタシスが働いて、
「体に入ってくる栄養が少ない!
 このままじゃ餓死するかも!」

と、体が異常事態だと
勘違いしてしまいます。

その結果、
消費エネルギーを最小限に抑えたり、

出来るだけエネルギーを
溜めこもうとして、
脂肪の蓄積を始めたりするため、

ダイエットの停滞期が起こります。

これを解消するために、
チートデイを行うのです。

すると体が
「たくさん栄養が入ってきた!
 もう平気だ!」

と思い、また正常な代謝が始まるんです。

チートデイは
正確には、1~2週間に1日、
基礎代謝の約3倍の食事を行います。

(基礎代謝の目安を知るためには、
 下記のサイトが使えますよ!
http://keisan.casio.jp/exec/system/1161228736
 基礎代謝量計算サイト)

もちろんこんなに食べたら
一度体重は増えます。

しかし、食べたものが排泄されると、
その後もまた体重が落ちて
停滞期を脱出することが出来るのです。

なので、

もしあなたもダイエット中に
体重が減らない停滞期に入ったら、

そこで止めるのではなく、
基礎代謝の3倍量の食事を
してみてください。

それでは!

ー青木大輝

 

2アンケート