体重が落ちない理由はこれかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝
こんにちは。

今日は糖質制限中に陥りやすい
食の落とし穴についてお伝えするので、
ぜひ参考にしてください。

それは何か先にお伝えすると、
「砂糖不使用」や「微糖」、「無糖」
という言葉の落とし穴です。

あなたは「砂糖不使用」や「微糖」「無糖」
と書いてあるお菓子や飲み物を
コンビニなどでみたことありませんか?

糖質制限中なら、その言葉だけで
「砂糖不使用だから
 まぁいっか!」

と、そのお菓子や飲み物に手が
伸びやすくなると思います。

が、ちょっとここで
この三つの言葉の意味を
説明しますね。

●「砂糖不使用」

これは、=砂糖が入ってない
という意味ではありません。

本当の意味は、
食品の加工の段階では砂糖を
使用していないという意味になります。

でも
「砂糖不使用」と書いてある
食べ物の成分表示には確かに
「砂糖」は入っていません。

しかし、よく見てみると「ショ糖」が
表示されていると思います。

「ショ糖」とは、
砂糖の主成分の名前です。

なので、食品本来の成分として
砂糖(ショ糖)が
含まれていることが考えられます。

 

●「微糖」

「微糖」と聞けば、
砂糖がごくわずがしか
含まれていないような気がします。

しかし、

本当の意味は
他と比べて糖分が少なめ
であることをいいます。

たとえば、コーヒーだったら
他社のコーヒーと比べて

糖分が少なめであれば、
「微糖」と書けます。

なので、微糖コーヒーでも
スティックの砂糖3本分くらいが
入っていることもあります。。。

 

●「無糖」

無糖とは、

食品100gもしくは
飲料100ml当たりに
糖類が0.5g未満含まれていること

をいいます。

ちなみに・・・
「ノンシュガー」や「シュガーレス」
という表示も「無糖」と同じ量で
糖質が含まれています。

なので、500mlのペットボトルに
「無糖」と表記されていても、

実は糖類が2.5g未満で
含まれています。。。

と、「砂糖不使用」、「微糖」、「無糖」
について説明しました。

これらの表記の意味を
理解しておかないと

糖質制限できているつもりでも
実はオーバーしてしまっている
可能性があります。

それでは体重や脂肪が
落ちにくくなります。

なので、
もしあなたが糖質制限中なら
「砂糖不使用」や「微糖」「無糖」
という言葉に注意してくださいね。

それでは。

ー青木大輝

 

2アンケート