三大栄養素の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは。

あなたは、自分の体型が好きですか?

もし、「はい!」と答えられるならば、
問題ないかもしれませんが、

そうではない場合は、
もう少し食事について
意識した方がいいでしょう。

というのも、自分の体は、
自分が食べたものから
出来上がるからです。

野菜や果物を食べていたら、
それから体が出来上がりますし、

ポテチやコーラなどの
ジャンクフードを食べていたら
恐ろしいことですが、
それから体が出来上がります。

それくらい、

自分の体型をコントロールするために、

「何を食べるのか?」

というのは、すごく大切なのです。

なので、今回は改めて
三大栄養素の基礎について
お話ししていこうと思います。

まず、三大栄養素とは、

炭水化物(糖質)
タンパク質
脂質

のことであり、すべてカロリーがあります。

また、それぞれに役割があります。

炭水化物(糖質):

体を動かすエネルギーとして使われます。
ご飯、パン、麺類、果物、お菓子、ジュース
などに含まれています。

タンパク質:

筋肉、皮膚、髪、内臓、血液、骨など
体の構成要素になる。
エネルギー源となる優先度は低いです。
肉、魚、卵、大豆製品、乳製品などに
含まれています。

脂質:

体を動かすエネルギーとして使われる他、
代謝に必要な各種ホルモンの材料になります。

肉や魚、卵。そして油に含まれます。

この中で注意したいのは、

糖質はエネルギーにしかならない
~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

タンパク質は、筋肉の
構成材料になりますし、

脂質は、エネルギー源になるだけでなく、
代謝に必要なホルモンを
つくる材料にもなります。

糖質は、エネルギー源にしかならず、
体内で余った糖質は、「贅肉」に
なるだけです。

だから、糖質は出来る限り控えたいのです。

また、贅肉がもっとも
つきやすい食事の組み合わせは、

「糖質×脂質」

と言われています。

カレー、パスタ、オムライスなどです。

これらの食事が好きな人は、
多いと思いますが、
これらは、肥満を作る最短ルートです。

ですので、

ボディメイクを成功させたい場合は、

糖質や脂質の食べ合わせ、
及び糖質の過多に

注意してください。

それでは。

ー青木大輝

 

2アンケート