人工甘味料は太るのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは。

甘いものを食べたいけど、
カロリーや糖質量が気になるってこと
結構ありますよね。

最近では、糖質0を謳う
商品って増えてきましたよね。

私も昨日、コンビニで低糖質スイーツの
コーナーをうろついていました。
(結局何も買いませんでしたが)

そういうのは
糖質制限をしている方にとっては
とてもありがたく感じるのではないでしょうか。

ただ、そういった商品には、
ほとんどの場合、人工甘味料が
含まれています。

人工甘味料とは、砂糖の代わりに
使用される合成食品添加物のことです。

砂糖の何百倍の甘味を
持つものもあり、

なおかつ製造コストが低いので、
人工甘味料は昨今の加工食品には欠かせません。

代表されるのに、

・アスパルテーム
・アセスルファムカリウム
・スクラロース

などがあります。

人工甘味料は基本的にカロリーがなく、
血糖値を上げることもありません。

それだけ聞くと、

「人工甘味料最高ですね!」

と考えてしまうかもしれませんが、

ちょっと待ってください。

短期的に見れば
良いものかもしれませんが、

人工甘味料を常飲、
常食することによって、
逆に太りやすくなる可能性もあります。

というのも、人工甘味料を
多く摂り過ぎることによって、

消化や代謝に関わる
腸内細菌のバランスが崩れて、

ホルモン代謝にも影響を
与えるリスクがあるからです。

また、血糖値が下がりにくくなり、
肥満や生活習慣病のリスクを
高める可能性があるという
研究結果が発表されています

なので、人工甘味料より天然甘味料の方がベターです。

・キシリトール
・ステビア
・マルチトール

などがいいでしょう。

スーパーなどで食品を買うときは、
出来る限り人工甘味料は避けて、

天然甘味料入りのものを選ぶか、
逆に糖質入りのものを選ぶかした方が
健康的にも長期的なボディメイク
にもよいと思います。

一つ、参考にしてみてください。

ちなみに、人工甘味料が含まれているかは
商品パッケージの原材料名で確認できます。     

もし原材料名を見る癖がないのなら、
次から商品を選ぶ際は
原材料名を見てみてくださいね。

 

それでは。

ー青木大輝

 

2アンケート