挫折グセをつけないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは。

2か月前、私は英語が話せるように
なりたいなと思ったので、

さっそく本屋にいって
英会話の本を購入しました。

当初は、1日2時間勉強するぞ!

と意気込んでいたのですが、

それができたのは、
2日間だけであとは、
サボりがちになりました。

さすがに、
仕事や趣味に時間を費やしつつ、

勉強に、2時間も割くのは、
現実的ではありません。

まあ、最初から無理な
目標設定だったわけですね。

なので、当然のごとく挫折しました。

しかし、

英語への興味は尽きなかったため、
勉強したい!という意欲はありました。

そこで、無理なく続けられるように、
通勤の30分の時間を
英語の勉強に充てるようにしました。

これならば、
比較的ハードルが低いですし、
ちょっと意識すれば、行えます。

なので、この習慣は、
挫折せずに、いまだに続いています。

このことから、
何が言えるのかというと、

無茶な計画は、
続かないということです。

例えば、2週間で体重を
5kg落とすといったことですね。

これはいくらなんでも
ハイスペース過ぎです。

むしろ、トレーニングや食事を
計画通りに続けて
週1kg弱の減量がちょうどよいです。

これくらいならば、
現実的に考えて続けることが
できるでしょう。

自分にチャレンジをするような、
というより、無理な目標設定は、
自分のモチベーションを下げるだけです。

なので、もしあなたが

「2週間で5kg以上減量する!」

とかいった無理な目標を立てているなら、
一度見直してみることをオススメします。

そうじゃないと挫折してしまって
「ああ、やっぱり私はダメなんだ…」
とモチベーションが下がってしまいますので。

それに、その挫折を繰り返してしまうと、
いわゆる「挫折グセ」みたいなものがついてしまいます。

すると、自分のイメージが
「何やってもダメな人」になってしまい、
ダイエット以外にも悪影響を与えかねません。

なので無理な目標ではなくて、
それこそ

「食事コントロールを筋トレをして
 週に1kg減量する」

みたいな、
そういった目標を設定してみてください。

参考にしてもらえればなと。

それでは!

ー青木大輝

 

2アンケート