「ながら痩せ」のすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは。

あなたは、消費カロリーを
高くする方法って知っていますか?

おそらく一番最初に思いつくのが
基礎代謝を上げることでは
ないでしょうか。

筋トレをして筋肉をつければ、
基礎代謝も上がって痩せやすくなる、と。

このメルマガでも何度も
お伝えしていると思います。

ただ運動が苦手という人や
あまり時間がないという人、
なかなかモチベーションが出ない人は、

手始めに、日常生活の中で出来る
「ながら運動」を始めてみることをオススメします。

というのも、

1日の消費カロリーを割合でみると、

基礎代謝 60%
身体活動(生活代謝) 30%
DIT(食事誘発性熱生産性)10%

となっているのですが、、、

ながら運動をすることで
30%にあたる「身体活動」の割合を
高めることが出来るからです。

(ちなみに、DITというのは
 早い話が食事をする動きによって
 消費されるカロリーという感じです)

身体活動には、

・筋トレのような運動
・家事や通勤といった日常生活で行う運動

があるのですが、
後者を生活活動と呼びます。

筋トレや有酸素運動といった、
絵が浮かびやすい「運動」も大事ですが、

それ以外の生活活動も
消費カロリーを増やすうえで重要です。

先ほどもお伝えしたように、
身体活動は1日に消費するカロリー全体の
およそ30%を占めています。

仮に、筋トレや有酸素運動などの
習慣がない場合、、、

30%のうち、
そのすべてが生活活動で
占められています。

日常で出来るながら運動は
筋トレや有酸素運動に比べると
微々たるものかもしれませんが、、、

塵も積もれば山となるという
言葉があるように、

日常の中で出来るちょっとした工夫を
毎日積み重ねていくだけで、

3ヶ月後、半年後、1年後、数年後など、
時間が経てば経つほど大きな違いになっていきます。

日常で出来るながら運動とは例えば、

・できるだけ階段を使って上り下りする
・階段を上る時はつま先で上る
・電車の中で立つ
・電車に座っている時は足を浮かせる
・駐車場で車を遠いところへ止めて歩く
・待ち時間でつま先運動をしてみる
・シャンプー時にお腹に力を入れる
(お腹に力を入れるのはいつでも可能)

こういったちょっとしたことで良いので、
もしながら運動の習慣がなければ
早速今日から実践してみてください。

そうすれば、仮に辛い運動をせずとも
消費カロリーを高めることが
できるようになっていくでしょう。

 

それでは。

 

ー青木大輝

 

2アンケート