体脂肪を燃やす仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 青木大輝

こんにちは。

昨日、ジムへ行ってきたので、
今日は全身筋肉痛です(笑)

ジムには、有酸素運動ができる器具と
筋トレ器具があるのですが、

私は、筋肥大が目的なので、
筋トレをしますね。

脂肪を燃やしたい人は、
エアロバイクや
ランニングマシンを使っています。

私は、それを見て

「脂肪燃焼の仕組みを
知っていれば、もっと簡単に
痩せられるのにな・・」

と密かに思っています。

というわけで、

ここでは「体脂肪を燃やす」
とはどういうことなのか?

について話していこうと思います。

まず、知っておいて
ほしいことなのですが、

炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質の
三大栄養素のうち、

エネルギーとして使われるのは、
糖質と脂質です。

体脂肪を効率よく燃やせるのは、
脂質をエネルギー源として
使う「脂質代謝モード」の時です。

ただし摂り過ぎた糖質が体内にあふれると、

「糖質代謝モード」が優勢になり、
「脂質代謝モード」がストップします。

脂質代謝を高めるためには、

糖質の摂取を抑えつつ、
タンパク質と脂質を
積極的に摂っていきましょう。

既に、メルマガ内で
何度もお伝えしたので、
知っていると思いますが、

1日の糖質量は、
体重×1g以内に抑えるようにしましょう。

空腹時は、基本的に
血糖値が下がります。

このタイミングで糖質を摂ると、
体に入ってきた糖質を
消費しようとして、

「糖質代謝モード」になります。

しかし、この空腹時に
糖質以外のタンパク質や脂質を
摂ることで、体は脂肪を使う
「脂質代謝モード」へと変わるのです。

糖質摂取を控えること、
というのは何度もお伝えしていますが、

「糖質摂取を控えることによって
 脂肪燃焼モードになる」

ということを改めて
頭に入れてボディメイクをして頂ければなと思います。

それでは。

ー青木大輝

 

2アンケート