寒い日にピッタリの糖質制限レシピ

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

関東では寒い日が続いていますが、

あなたのお住まいに地域はいかがですか?

今日は、寒い日にぴったりの糖質制限食のレシピをお伝えします。

そのレシピとは…、

【鶏暖子(とりだんご)鍋】

です。

それではさっそくお伝えしていきますね。

まずは材料の準備からです。。

 

■材料(2~3人前)[糖質量:30.85g]

A鶏ひき肉 … 300g[0g]

A卵 … 1個[0.2g]

A日本酒(糖質ゼロ) … 大さじ2杯[0g]

Aしょうがチューブ … 3cm[0.1g]

B水 … 1000cc[0g]

Bキャベツ … 半玉[19.5g]

Bもやし … 1袋[5.75g]

Bスープの素 … 大さじ2杯[4.8g]

Bこしょう … 適量[0.5g]

材料がそろったら、いよいよ調理開始です!

 

■調理手順

1.ボールにAの材料を入れて、へらなどでよく混ぜる

2.鍋に湯を沸かし沸騰したら、1を練ったものをボール状にして鍋の中に入れていく。

私は、大きめの木のスプーンなどで食べやすい大きさの団子を作っています。

たまに団子に角ができたりしますが、あまり気にしません。

3.キャベツもやしを入れていく。

4.灰汁(あく)が出たらこまめに掬う。

5.具材が煮立ってきたら、調味料を投入し味を調える。

6.キャベツがしんなりして鶏肉に火が通ったら完成です。

7.お椀や小皿に取り分けて召し上がってください。

私はそのまま食べるのが好きですが、お好みでレモンなどを絞って食べるのもオススメです。

ちなみに

レモンの糖質量は、100gあたり2.5gです。

 

鍋につきもの調味料にポン酢がありますが、市販のポン酢の糖質は、100gあたり15gと多めなので、注意してください。

この鶏暖子(とりだんご)鍋の糖質量は2人で全部食べた場合でも、1人当たり約15.4gと糖質量をコントロールしやすくなっています。

タンパク質の他、食物繊維やビタミン類も豊富なので、オススメです。

スープの素は鶏ガラ、中華、コンソメなど、お好みで選んでください。

また、みそ仕立てにするのもおいしいです。

冬は鍋を食べて体を芯から温めると、代謝もよくなり体脂肪燃焼の促進も期待できてしまいます。

さらに、しょうがを加熱すると出てくるショウガオールには、体脂肪を分解して筋肉で消費されやすくする働きがあるとも言われています。

ダイエッターにはうれしい効果ですね。

今日は寒い日にピッタリの糖質制限レシピをお伝えしました。

もし今晩の献立が決まっていなかったら、ぜひこの鶏暖子(とりだんご)鍋にチャレンジしてみてください。

それでは。

-出海 肇

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)