なぜ、果物がダイエッターには要注意の食品なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

世間一般には、「果物はヘルシーで、体に良いたべものである」という認識が広まっています。

ところが、私の考えでは、果物のほとんどは、ダイエッターにとっては要注意の食べ物になります。

今日は、「なぜ、果物がダイエッターには要注意の食品なのか?」についてお伝えしていきます。

それではさっそくはじめていきます

 

ダイエットやボディメイクを効率よく進めるために、このメルマガでは糖質量に注目してコントロールするようにオススメしています。

糖質、タンパク質、脂質の3大栄養素のうち、ダイエッターにとって注意が必要なのが糖質になります。

糖質の過剰摂取が、肥満や望まない体脂肪増加の原因となっているからです。

ですので、果物を摂取する際にもこの糖質量をきちんとモニターしていく必要があります。

果物に含まれる糖には

・ブドウ糖(グルコース)

・果糖(フルクトース)

・ショ糖(スクロース)

の3種類があります。

このうちブドウ糖は、小腸で吸収されると血液中に取り込まれ、、肝臓へ送られます。

そして、肝臓で一部がグリコーゲンとして蓄えられた後、全身へエネルギー源として送り出されます。

ブドウ糖の摂取は血糖値をダイレクトにあげます。

その結果体内にはインシュリンが放出され、運動などのエネルギーで消費されずに残ったブドウ糖は体脂肪として体に貯蔵されることになります。

次に果糖の性質についてお伝えします。

果糖は、小腸から吸収されると、肝臓に運ばれエネルギー利用をするためのピルビン酸に変換されます。

ところが、大量の果糖の摂取でピルビン酸への返還が追いつかなくなると、肝臓はアセチルCoAという物質を大量に作るようになり、脂肪酸の合成に利用しようとします。

脂肪酸の合成が大量に進む結果、中性脂肪がカラダにたまってしまうことになります。

最後にショ糖ですが、これは、ブドウ糖と果糖がくっついたものです。

小腸壁に存在するサッカラーゼいう消化酵素の働きによって、ブドウ糖と果糖に分解されて、血液中に吸収されます。

この反応は比較的短時間で起こるため、急激な血糖値の上昇を引き起こし、インシュリンの体内放出と、余剰エネルギーの体脂肪化がおこる可能性が高くなります。

従来、「果物は消化が早い」といわれていたのは、この糖代謝のスピードが速いためだったんですね。

果物を食べたときに、食べたものを比較的早くエネルギー変換できるメリットがある反面、使わないエネルギーは体脂肪として蓄積されやすいというマイナス面も持っていることになります。

このマイナス面がダイエッターにとっては油断できない点になります。

ですので、あまりこのメルマガでは果物の摂取をオススメしていません。

もし果物を摂るのであれば、糖質の比較的少ない、

・イチゴ:7.5g(7~10個分)

・すいか:8.9g(3cmキューブ3個分)

・グレープフルーツ:8.9g(1/2個分)

・もも:9.2g(2/5個分)

・レモン:9.6g(5/6個分)

・ブルーベリー:9.6g(50粒)

(果物名:100グラム当たりの糖質量)

などを少量摂るようにしてください。

※もしかしたら、トレーニングの際にジムのパーソナルトレーナーからバナナなど糖質量の高い果物を勧められることがあるかもしれません。

その場合は、トレーニング等で消費されるカロリーや、トレーニング後も続くエネルギーの代謝量などを考慮したうえでトレーナーはあなたにオススメしている可能性が高いので、トレーナーの指示に従ってください。

私は、甘いものが欲しい時はパックで買ったブルーベリーを20粒ほど食べたり、グレープフルーツを1/4個食べたりするようにしています。

他には、ドレッシング代わりにサラダにレモン1/4個を絞ったりということもよくやっています。

あくまで、糖質の摂り過ぎがよくないのであって、果物そのものがダメなのではありません。

ですのであなたも、ストレスがたまらない範囲で上手に食べていただければと思います。。

今日は

「なぜ、果物がダイエッターには要注意の食品なのか?」

についてお伝えしました。

あなたのダイエットやボディメイクの参考にしていただければと思います。

それでは。

-出海 肇

2アンケート