ダイエットに効くスマホやPCの使用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

あなたは週末をどのように過ごされましたか?

 

「しっかり休んで体力を回復した」という場合や、

「あまりゆっくりできず週明けまで疲れが残っている」という場合、

「週末は仕事だった」という場合などいろいろな場合があると思います。

疲れやすさの原因として最近考えられているものの一つに

「体幹の強さ」

というものがあります。

体幹が強い人は、自然に疲れにくい姿勢を身に着けることができているので、同じような作業をしても体幹の弱い人に比べて長時間効率的に作業を進められたりするという考え方です。

 

また、体幹を強くし姿勢をよくすることで、カラダの各部の歪みが強制され、全身の血流がスムーズになっていきます。

血流がよくなることは、代謝のアップにつながります。

 

そこで今日は、体幹を強くして代謝アップするためにできる方法についてお伝えしようと思います。

そのために使うのはスマホやPCというあなたの身近なツールだけです。

それでは始めていきますね。

まず、

「体幹が弱いとダイエットにもマイナスだ」

という点からお伝えしていきます。

体幹が弱いと姿勢が悪くなります。

たとえばPCの画面を覗き込むように見ていると、猫背がちになります。

また、スマホを使う時も、画面も首をぎゅうっと前傾させて見るようなことがあると思います。

これらの姿勢により首に無理な負担がかかり、血管が圧迫される結果血流が悪くなります。

血流が悪くなるということは、代謝が落ちてエネルギー消費も効率的に行われなくなるということです。

 

ダイエッターの理想状態は、

「代謝を上げ、エネルギー循環をよくして体脂肪を減らす」

ことですよね。

そのためには、悪い姿勢を続けて代謝を下げるような状態は、できれば避けたい習慣の一つです。

また、長い間スマホやPCの画面を見ることは、生活のリズムを整えているコルチゾールとメラトニンの分泌バランスを変えてしまうことにつながります。

この2つのホルモンバランスが崩れると、睡眠不足やストレス耐性の低下などが起きてくる可能性があります。

睡眠不足やストレス耐性の低下は、健康的なダイエットの敵とも言え、こちらもできるなら避けたい状態です。

睡眠不足やストレスがたまると、判断力や決断力が弱まり、簡単に暴飲暴食に走ってせっかく始めたダイエットも、中断や失敗に追い込んでしまう可能性があるからです。

最後に、スマホやPCを使ってダイエット効果を得る方法についてお伝えします。

 

■ブルーライトをカットする

最近のディスプレイやスマホには、「ブルーライト」をカットする機能があったりします。

このブルーライトを減らしてやると、先ほどお伝えしたメラトニンなどのホルモンバランスが崩れるのをある程度防げるようです。

メラトニンとコルチゾールの分泌のバランスを整えることで、熟眠することができ、その結果、睡眠中の脂肪燃焼効果も期待できます。

 

■ディスプレイやスマホを見る角度を変える

これは姿勢を正して、体幹を強くすることにもつながります。

PCを使っている時の自分の姿を思い出してほしいのですが、多くの人が知らず知らずのうちに長時間猫背になってしまっています。

ラップトップ型を使っている人は特にこの傾向が強くなります。

ラップトップ機専用のスタンドを使ったり、別にディスプレイを用意して、首に負担のかからない位置で、目線の高さに画面が来るように調整してみてください。

正しい姿勢でPCを使うと、作業効率も上がり画面を凝視する時間も自然と減ってくると思います。

スマホの場合はどうしても顔を下に向けてしまいがちです。

これも、なるべくスマホを顔と水平の位置に持ってきて操作をするようにすると、脊髄から首の位置が一直線になって体幹も強くなってきます。

私はこの方法を続けるようになってから、疲れにくくなったように感じます。

ただ、スマホを顔の前に水平に構えるスタイルは、スマホの向こう側にいる人を撮影しているような誤解を与えることもあるので、注意してください。

今日は、身近なスマホやPCの使い方に少し気をつけるだけで、代謝が上がりダイエット効果も期待できる方法についてお伝えしました。

あなたは今この記事をどんなデバイスでお読みになっていますか?

PCですか?

スマホですか?

それともタブレット端末のようなものでしょうか?

いずれの場合でも、画面を見るときの姿勢は、今この瞬間からできる工夫だと思うのでぜひやってみてくださいね。

それでは。

-出海 肇

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部

247ダイエッター編集部

私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。