【糖類ゼロに注意!】スイーツが我慢できない時は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

食事のコントロールと運動、がんばっていますか?

私は、昨日腹筋周りの筋トレをがんばりすぎて、少し筋肉痛です。

もしあなたが、筋肉痛を感じた場合は、無理をせず、

 

・トレーニング種目を変えて違う部分の筋肉に刺激を与える

 

のような工夫をするか、

 

・2~3日筋トレは休んで、しっかり回復させる

 

等の対策をしてくださいね。

さて、
今日は食事のコントロールについてのトピックです。

このメルマガでは、ダイエットに効果的な食事コントロールの方法として、

<<低糖質の食事法>>

を推奨しています。

糖質(炭水化物)、たんぱく質、脂質(脂肪)

の3大栄養素のうち、特に糖質を抑えることで、ダイエットを比較的短期間に成功させるというメソッドです。

もちろん、

ダイエットやボディメイクを理想の状態にもっていくためには食事のコントロールに筋トレをプラスすることが、必要です。

 

どちらも重要なのですが、一度にたくさんお伝えすことはできないので、今日は食事に絞ってお伝えしようと思います。

先ほどもお伝えしたように、このメルマガでは糖質制限をオススメしています。

糖質制限を実践していてつらいのが、「自分の好きなものが食べられない…」というイライラ感です。

特にスイーツやフルーツなどの「甘いもの」は、糖質制限の観点からは、「NO!NO!ダメ!ダメ!食品」になってしまうことが多いです。

私は甘いもの大好き人間だったので、甘いものを制限される辛さや苦しみがよくわかります。

現在は「甘いものを食べたい」という気持ちは以前より抑えられていますが、

 

それでも時たま猛烈に食べたくなったりすることがあります。

あなたも、糖質制限をしていて「甘いもの」が欲しくて仕方がなくなってしまうことがあると思います。

そこで今日は私が甘いものが我慢できない時に食べているスイーツのいくつかをお伝えします。

まず1番目のスイーツが、

 

■糖質を考えてたプチシュークリーム(モンテール)

になります。

1パッケージにプチシュークリームが6個入っています。

カスタードとミルクの混ざったクリームとシュー皮のコンビネーションがおいしいです。
気になる糖質量は、1パッケージで

糖質:9.2g  食物繊維:1.0g

となっています。

たとえおやつやデザートで6個全部を独りで食べてしまっても、1日分の糖質量は制限内でクリアできると思います。

ちなみに、糖質制限中の1日の糖質量は、

体重(kg)×1g 以下

を目安にしてください。

たとえば体重55キロのひとは、

55(kg)×1g=55g 以下

が1日に摂る糖質量の目安になります。

糖質量が多いかどうかは、1品あたり10g以下というのを目安に探すと食品を選びやすいと思います。

ちなみに、このプチシュークリームは1パッケージの糖質量が10g以下なので、スイーツとしては合格点です。

ただし、食べ過ぎは禁物ですよ。

次におすすめのスイーツは、

 

■ロッテZERO 砂糖ゼロ・糖類ゼロ(5本入り)

です。

1本分10gあたりの糖質量=3.9g

普通のスーパーやコンビニでも見かけるミルクの風味の強いチョコレートです。

ビター味もありますがこちらの方が糖質量は低いです。

それでも2本で糖質量は7.3gありますので、食べ過ぎには注意しましょう。

また、「糖類ゼロ」は「糖質ゼロ」ではないので注意が必要です。

「糖質」は炭水化物から食物繊維を抜いたものと考えてください。

それに対し「糖類」は糖質のうち砂糖やブドウ糖といった単糖類・二糖類と呼ばれるもの総称になります。

どちらがよりダイエット向きかというと「糖質ゼロ」の方なので、頭の片隅に置いていただければと思います。

この商品は「糖類ゼロ」の要注意食品になりますが、先ほどもお伝えしたように1日2本程度であれば、食べても大丈夫です。

食べ過ぎないコツは小さく折って、口の中でゆっくり溶かすようにするといいと思います。

そうすると、満足感が長く続き、次々に食べてしまう気持ちが抑えられます。

また、温かい飲み物紅茶などと一緒に摂るのもオススメです。

その際はもちろんノンシュガーにしてくださいね。

最後は同じチョコレートの

 

■明治チョコレート効果CACAO 72%(15個入り)

です。

1個分5gあたりの糖質量=1.67g

こちらもスーパーやコンビニなどで比較的手に入れやすいチョコレートです。

カカオ95%もあるようですが、私は店頭で見かけたことがありません。

こちらは、15個入りのうち3分の1にあたる5個くらいなら、糖質量が8.35gなので、許容範囲です。

今日はスイーツが我慢できない時にオススメのシュークリーム1種類と、チョコレート2種類をお伝えしました。

どれもコンビニやスーパーなどで見つけやすい商品だと思うので、

「どうしても甘いものが食べたい!」

となってしまったときは参考にしてください。

最近は糖質制限もだんだん人気が出てきて、糖質制限向けの甘いものも増えてきました。

しかしながら、

「糖類ゼロ」のように紛らわしい表現の商品もありますので、注意するようにしてください。

 

あと、たとえ「糖質ゼロ」の表記があるものでも食べ過ぎてカロリーオーバーをしてしまえば、やはり太りやすくなってしまうので気をつけるようにしてくださいね。

それでは。

-出海 肇

2アンケート