糖質代謝をサポートするビタミンB1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

今日はビタミンB1についてお伝えしようと思います。

ビタミンにはいろいろな種類がありますが、中でも「ビタミンB群」には8種の物質が含まれています。

そのうちの1種類である「ビタミンB1」は糖質代謝をサポートする働きをするので、ダイエッターにとって注目の栄養素になります。

 

ビタミンB1は水溶性ビタミンの一種で、

日本人の鈴木梅太郎によって1910年に発見されました。

しかも、たくさんあるビタミンの中で、世界で初めて発見されたのがこのビタミンB1なのです。

世界で初めてビタミンを発見したのが日本人というのは、同じ日本人として少し誇らしい感じがします。

このビタミンB1は、糖質および分岐脂肪酸の代謝に補酵素としてかかわっています。

補酵素というのは糖質などを分解する酵素の働きを助ける物質です。

ビタミンB1はこの糖質代謝のサポートの他、疲労回復や神経機能の調整、心臓の機能不全を防ぐといった働きもします。

また、このビタミンB1は脚気(かっけ)という病気の予防にも有効です。

このビタミンB1を豊富に含む食品には、

豚肉、米ぬか、ふすま、豆類、緑黄色野菜、たらこ、うなぎ、牡蠣

などがあります。

ほかにもソバや全粒パンなどにも含まれていますが、糖質量が多いので注意する必要があります。

ビタミンB1の1日分の必要摂取量は、

成人男性=1.4mg

成人女性=1.1mg

とされています。

水溶性のビタミンなので、過剰摂取による弊害は起きにくいと考えられています。

なぜならカラダの必要量を超えた分のビタミンB1は、水分に溶けだして汗や尿などと一緒に体外に排出されるからです。

それでも、もしサプリなどでビタミンB1を摂る場合には、規定の容量を守るようにしてくださいね。

次に、ビタミンB1を摂るためにオススメの料理をお伝えします。

それは…、

「豚の生姜焼き」です。

1人前(200g)に含まれるビタミンB1の量は0.73mgで、糖質量は9.56gなので、糖質制限中でも食べることが可能です。

外食で食べることもできますし、簡単な冷凍食品などで手軽に食べることができます。

また、自分で作るときは、糖質が高めのたまねぎの代わりに普通のねぎを使ったり、みりんの代わりに糖質ゼロの日本酒を使ったりして、糖質量をさらに下げることができます。

それでは最後に豚の生姜焼きの作り方をお伝えしたいと思います。

 

【豚の生姜焼きのレシピ】

■材料:1人前

ショウガ焼き用豚肉 3枚
千切りキャベツ 適量
玉ねぎ 中 1/4個

醤油 大さじ2
日本酒 大さじ2
しょうがチューブ 2cm

塩コショウ少々

■調理手順

1.千切りキャベツと細切りした玉ねぎを水にさらしておく

2.肉に軽く塩コショウをしておく

3.塩コショウ以外の調味料を混ぜる

4.フライパンを中火で熱して肉に焼き色を付ける

5.肉をいったん別皿によけて、玉ねぎを透明になるまで炒める

6.肉をフライパンに戻して、タレを絡める

7.汁気が飛んだらキャベツと一緒にさらに盛り付ける

以上になります。

糖質量が上がってしまうので、みりんや砂糖は使用していません。

玉ねぎの甘みとしょうがの風味を味わってみてください。

今日は糖質の代謝を助ける栄養素、ビタミンB1についてお伝えしました。

あなたのボディメイクやダイエットの参考にしてください。

それでは。

-出海 肇

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部

247ダイエッター編集部

私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。