▼△←あなたはどちら?【タイプ別脂肪燃焼法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

 

立春に入り暦の上では春ですが、まだまだ春の気配を感じるほどの変化は私の身の回りに起こっていません。

あなたの身の回りはどうでしょうか?

もし何か春の変化を見つけたという場合は、ぜひメールで知らせてくださいね。

 

さて、今日のタイトルは少しわかりにくかったかもしれません。

「▼△←あなたはどちら?」

といわれても何の事だかさっぱりわかりませんよね。

じつはこれらの図形は…

「体型」を表しています。

もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんが、体脂肪のつき方にはその人の生まれつきのタイプがあり、

1.内臓脂肪型(リンゴタイプ)=▼

2.皮下脂肪型(洋ナシタイプ)=△

と大きく2種類に分かれます。

 

▼や△は上半身に余分な脂肪がつきやすいか、それとも下半身に脂肪や水分がたまりやすいかという体型のイメージを記号化したものです。

便宜上記号を使っているだけですので、

もしあなたが、

「私はこんな体型じゃない!」

「体型は気になるけど単純な図形にされるとイラッとくる」

と思ってしまったとしても、あまり気にしないようにしてください。

 

また、

自分がどちらの体型なのか?

については、

最後までじっくり読んでから判断するようにしてください。

 

もし自分の体型のタイプがうまく当てはまらない場合は、両方の脂肪燃焼法をしばらく試して、自分が無理なく取り組める方法を実践していただければと思います。

それでは始めていきますね。

 

■自分のタイプの見極め方

まず両タイプの特徴をお伝えしますので、あなたがどちらのタイプに近いかを判断してみてください。

 

▼:性格は格闘家気質で負けず嫌い。

短期集中で活動的なライフスタイルを好む傾向があります。

また、全体的にエネルギッシュでどんどん脂肪燃焼も進みそうなイメージですが、食欲も旺盛なため余ったエネルギーが内臓と筋肉の間に脂肪として蓄えられてしまうタイプです。
余談ですが、「メタボリック症候群」などと分類される症状はこの内臓脂肪が多いタイプの分類になりますので、太っている人を何でも「メタボ」とひとくくりにしてしまうのは、実は間違いです。

カラダの特徴はどちらかというと美脚傾向の強い場合が多いようです。

 

△:性格は穏やかでどちらかというとのんびりしています。

大きな変化が苦手で毎日少しずつコツコツ努力することを好みます。

日ごろの活動量はそれほど多くないので、「冷え」や「むくみ」などに悩まされることも多いタイプです。

お尻や脚から体型のバランスが崩れてくる傾向にあります。

カラダの特徴は顔や首回りなどがスリムな印象があります。

このタイプ分けではざっくりと2つに分類していますので、もしかしたら、細かい部分で当てはまらないこともあるかもしれません。

その場合は上に挙げた特徴をあくまで目安として考えて、自分のタイプを決めていただければと思います。

 

■タイプ別脂肪燃焼法

次にタイプ別に効率の良い脂肪燃焼のためにできる工夫をお伝えします。

▼:食事のコントロールも筋トレも短期集中で取り組むのがオススメです。

負けず嫌いの性格なので、チャレンジ要素の強いメニューを組むとより効率よく筋肉を刺激することができ、脂肪燃焼効果が期待できます。

また、タイムスケジュールとしては、数週間~2ヶ月程度の短期集中で理想のボディメイクを達成し、その後体型維持の生活スタイルに移るのが理想的です。

変化を好む性格なので、糖質制限のメニューもちょくちょく変えるようにすると、脂肪燃焼効果や体型維持が続くと思います。

 

△:食事のコントロールも筋トレもマイペースを心がけてください。

のんびりした性格なので、筋トレなどの瞬発系と有酸素運動などの持久系のバランスを考えたメニューを組むようにするとモチベーションが続き、より効率の高い脂肪燃焼効果が期待できます。

タイムスケジュールとしては、2、3ヶ月~半年ほどの長期目標に向けてコツコツ少しずつこなすメニューを組み立てるとうまくいくでしょう。

このタイプは日ごろの活動量を増やし、脂肪や糖、水分などの代謝を活発化させるのがカギになります。

 

糖質制限もいきなり「主食を全部抜く」などの過激な方法ではなく、

1.普段のパン→フスマ粉のパン、白米→玄米のように工夫する

2.主食の量を普段の80%→70%→60%のように減らしていく

というような2ステップで徐々に変化させる方が成功率が上がると思います。

 

今日は、体型のタイプを▼内臓脂肪型と△皮下脂肪型に分けて、体脂肪を効率よく燃やすためのポイントについてお伝えしました。

あなたはどちらのタイプでしたか?

ちなみに私は性格はどちらかというとのんびりした性格なのですが、体質的には▼の「内臓脂肪型」になります。

もし性格と体質で迷ったら、まず体質優先で取り組んでみてくださいね。

体質優先なので、わたしの場合はまず▼タイプの方法を意識するようにしています。

あなたも、ぜひ自分に合ったタイプの方法で実践して、効率の良い脂肪燃焼を実感してみてください。

それでは。

-出海 肇

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部

247ダイエッター編集部

私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。