食べて痩せるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

今日はかなりストレートなタイトルで攻めてみました。

 

今までのダイエットでは、

「1食抜く」

とか

「ランチをドリンクに置き換え」

などの方法に人気が集まり、一時的な流行になるもののしばらく経つと大量の挫折者や「リバウンド難民」を生み出していました。

もしかしたら、あなたにも心当たりがあるかもしれませんね。

 

このメルマガを読んでいただいているあなたには同じようなワナにはまって欲しくありません。

 

 

そこで今日は、

「食べて痩せるコツ」

について、なるべくシンプルにお伝えしますので、ぜひ最後まで読むようにしてください。

それではお伝えしていきます。

 

まず、ダイエットを決心した初心者によくあるのが、

「食事を抜いてしまう」

「ドリンクなどに1食置き換えてしまう」

という荒っぽい方法をとってしまうことです。

確かにこれらの方法は、瞬間的に体重が落ちることがあるので、効果的に見えます。

また、方法も簡単で手軽に取り組みやすいのが特徴です。

ところが、この方法がまずいのは、

1.食事からとるべき十分な栄養が不足する

2.カラダのエネルギー産出量が減り代謝が悪くなる

3.体温低下による痩せにくい体質に近づく

4.さらに食事量を減らす

1.に戻る

という「痩せにくい負のスパイラル」に陥(おちい)ってしまうことです。

ちなみにスパイラルは「らせん」のことです。

「1食抜き」や「置き換えダイエット」を行っていると、

らせん階段をくるくる降りていくように、より悪い状態に自分を追い込んでしまう可能性があります。

 

そこで、このスパイラルをうまく書き換える必要が出てきます。

つまり、

1.食事から十分な栄養摂取

2.カラダのエネルギー産出量が増え代謝が良くなる

3.体温上昇による太りにくい体質に近づく

4.さらに適切な食事を続ける

1.に戻る

という「痩せやすく太りにくいスパイラル」をつくってしまうのです。

もしかしたらあなたは、

「そんなこと可能なの?」

と思ってしまったかもしれませんね。

ところがこの「痩せやすいスパイラル」を可能にする方法があるのです。

その方法が、

「正しい糖質制限」

です。

「正しい」という言い方をしたのは、【糖質制限ダイエット】が少しずつ世間に広まるにつれて、健康状態に影響が出るほどの極端な糖質制限を自己流でやってしまう人も出てきているからです。

もし極端な糖質制限をやるのであれば、必ず専門の医療機関を受診して、専門家のアドバイスを受けながら行うようにしてください。

このメルマガでは、たとえば「主食を全部抜く」などの極端な方法はオススメしていません。

オススメしているのは

【糖質量を押さえつつ必要な栄養素はしっかり摂る】

ような方法です。

最後に、このメルマガでオススメしている食事コントロールの方法をまとめてお伝えしておきますね。

まず「三大栄養素」の1日の摂取目安です。

 

■糖質量の制限の目安は、

体重kg×1.0g

以下に抑えること。

体重60kgの場合は1日60g以内

 

■タンパク質量の摂取目安は

体重(kg)×1.0~1.5g

の範囲にすること

体重60kgの場合は1日60~90g

 

■脂質の摂取目安は、

体重(kg)×1.0~1.5g

の範囲にすること

体重60kgの場合は1日60~90g

この中でも特に糖質量に関して1日の摂取目安を守っていただくのが大切です。

最近の食品はパッケージの裏面などに、糖質量の記載があるものも多いので、100gあたりの糖質量が10g以下の商品であれば、食事のメニューに加えやすいと思います。

また、ある程度の糖質や主食の量を減らすことで不足しやすい食物繊維なども意識して摂るとさらにダイエット効果がアップします。

もちろん、

並行して必ず運動もするようにしてくださいね。

 

なぜなら食事のコントロールだけの場合にくらべて、格段に代謝がアップするからです。

運動というと抵抗がある場合もあるかもしれません。

その場合は、軽い腕立て伏せや腹筋運動、15分くらいの散歩などの無理なくできることから始めてみてください。

もし大きなデパートやショッピングセンターなどがお近くにある場合は、ウィンドウショッピングをするだけでもいい運動になるので、出かけてみてはどうでしょうか?

今日は、

「食べて痩せるコツ」

についてお伝えしました。

もし「正しい糖質制限について」もう少し詳しく知りたい場合は、

以下のリンク先を参考にしてください。

http://247xg.com/7daysdiet

・1日の食事回数

・糖質量の少ない食品一覧リスト

・糖質制限中は避けたい、糖質を多く含む食品一覧

なども含めてさらに詳しくお伝えしています。

ぜひ実践して「食べて痩せるコツ」を身に着けてくださいね。

それでは。

-出海 肇

2アンケート