バターコーヒーは糖質制限的にOK?

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

最近コンビニなどでも「バターコーヒー」を見かけるようになりました。

 

私が初めてバターコーヒーを飲んだのは、浅草のコーヒー店だったと思います。

まだ今のようにブームになる前です。

ブームの火付け役はアメリカ人著者の書いた、シリコンバレー式ダイエットについての本だと思います。

今日はそんなバターコーヒーについて糖質制限の観点からお伝えしていこうと思います。

 

それでは始めていきます。

 

まず、バターコーヒーがどういうものなのか、あなたがあまり詳しくないかもしれないので、お伝えしておきます。

バターコーヒーは、

1.ブラックコーヒー

2.MCTオイル

3.バター(グラスフェッド)

の3つの食材を混ぜ合わせた飲み物です。

 

発案者はどうやらインド北部に昔から伝わる「バター茶」をヒントにこの飲み物を考案したみたいです。

作り方は以下の通りです。

1.ドリップコーヒー1杯分

2.グラスフェッドバター大さじ1杯

3.MCTオイル大さじ1杯

4.1~3をハンドミキサーなどで混ぜ合わせる

5.泡立ったまま好きなカップにいで出来上がり!

というような感じです。

 

初めて口にした時、クリーミーな口当たりで、少しトロリとした甘くないコーヒーキャンディーのような味がしたのをおぼえています。

そのころチベットに密入国した日本人の旅行記を読んでいたこともあり、浅草のコーヒー店で飲んだときはその後2~3回リピートしました。

ただ、毎日飲むところまではまることはありませんでした。。

 

そのまましばらく記憶の底にこのバターコーヒーのことは忘れ去られていましたが、この間久しぶりにコンビニで売られているのを発見しましたのです。

さっそく飲んでみると、

「あれ、なんかちがう…?」

冷たいタイプのバターコーヒーだったのもありますが、始めて飲んだ時の新鮮な驚きというのはなく、味も今一つでした。

おまけに、飲んだ後に油が胃の中に残ってもたれている感じがして、ちょっと不快でした。

私に限って言えば、リピートはないといえます。

ちなみにコンビニで飲んだバターコーヒーの糖質量は、240mlで1.68gと少ないので、充分に合格ラインです。

 

ただ、当然ですが脂質の量が、16.32gと多めなのでがぶがぶ飲むのはオススメできません。

バターコーヒーの効能は、「空腹感を満たす」という点にあります。

油の効果で腹持ちはよいと思います。

ただ、腹持ちがよいということは、胃腸に負担がかかるということでもあります。

ですので、もしバターコーヒーを飲む場合には、摂取量に気をつけるようにしてください。

 

■結論

バターコーヒーは空腹時に1杯飲む程度ならオススメできますが、ダイエット効果を期待してたくさん飲むのは避けてください。

理由は脂質の摂取量が多くなってしまう可能性が高いからです。

 

このメルマガでは糖質制限中の脂質の摂取量は、

体重(kg)×1~1.5g

をオススメしています。

 

体重60kgの人なら、

60g~90g

が目安となります。

もしバターコーヒーを2杯飲んだら、1日の目安の役1/2を飲み物からとってしまうことになります。

糖質制限では糖質を制限する分、たんぱく質や脂質の豊富な食品を食べることが多くなります。

そのため、もし飲み物だけで脂質をとってしまうと簡単に目安の摂取量を超えてしまう可能性が出てきます。

そうすると、最悪の場合痩せにくくなってしまうことも考えられます。

ですので、もしあなたがバターコーヒーを飲むのであれば、1日1杯程度に抑えておくようにしてくださいね。

今日はバターコーヒーについて糖質制限の観点からどうなのかということについてお伝えしました。

あなたのダイエットやボディメイクの参考にしてください。

それでは。

-出海 肇

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)