糖代謝と脂肪分解を促進するアディポネクチン

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

今日は、昨日に引き続き、ダイエット効果のある物質に注目していきたいと思います。

 

その物質の名は、

「アディポネクチン」

といいます。

 

マスコミなどでも取り上げられているので、あなたも聞いたことがあるかもしれませんね。

アディポネクチンはタンパク系ホルモンの一種で、

血液中のグルコースの安定化や脂肪酸の分解に役立っています。

 

また、

血管を拡張したり、いたんだ部分をを修復したりする作用があります。

 

そのため、「生活習慣病」と呼ばれる

メタボリックシンドローム
糖尿病
高血圧
高脂血症
動脈硬化

という病気やがんに対する予防や改善などにも効果があるとされています。

 

また、長寿の人を調べた結果このアディポネクチンの血液中の農度が高かったという研究もあります。

このアディポネクチンは脂肪細胞から分泌されています。

従来、脂肪細胞は肥満の現況のように考えられ悪者扱いされていましたが、実はアディポネクチンのような善玉ホルモンも分泌していることが分かりました。

このアディポネクチンが発見されたのは、1996年とつい最近です。

アディポネクチンの興味深い特徴は、脂肪細胞自体が肥大して脂肪酸をたくさん蓄えると量が減ってしまうということです。

また、痩せすぎてしまった場合も分泌量が減って、健康的な状態を維持できなくなります。

アディポネクチンはインスリンの働きを助けて糖代謝を促進するので、ダイエットやボディメイクには大切な成分です。

では、アディポネクチンを増やすためにはどうしたらよいのでしょうか?

それにはいくつか方法があります。

 

・バランスのとれた食事(低糖質食)
・日常の適度な運動
・サプリで補給する

 

なんだか当たり前の結論で少しがっかりさせてしまったかもしれませんね。

 

ただ、24/7ダイエッターの読者にとってうれしいのは、低糖質食でこのアディポネクチンが増加したという報告があるということです。

また、大豆のタンパク質には脂肪細胞のアディポネクチン分泌機能を高める働きがあります。

これも、糖質制限中心の食事をこころがけている私たちにとってうれしい情報ではないでしょうか。

サプリで補給する場合は、定められた容量を守るようにしてください。

そして忘れてはならないのが「運動」です。

あなたがもし普段、仕事や勉強などで座りっぱなしのことが多いとしたら、30分おきに、立ち上がってカラダを動かすことをおすすめします。

カラダと動かして筋肉に刺激を入れることで脂肪細胞からのアディポネクチンの分泌を促進できるからです。

もし、筋トレの種目でアディポネクチンの分泌を増やしたい場合のオススメは、スクワットです。

最後にスクワットのやり方と注意点をお伝えしておきますね。

 

■スクワットのやり方

1.足を肩幅くらいに開き背筋を伸ばして立ちます

2.そのままゆっくりと膝を曲げ腿と床が平行になるぐらいまで腰を落とします

3.ふたたび1の状態に戻ります

4.1~3の動作を1セット10回、1日2セットくらいから始めていきましょう!

 

■スクワットの注意点

背中を丸めると腰を痛めやすいので注意してください。

また膝を曲げるときに膝が自分の足さきに出てしまうとひざを痛めることがあるので、この点にも注意してください。

バランスがうまく摂れない時は、近くのいすや棚につかまったり、壁に向かって手をついてやるように工夫してみてください。

 

今日は、脂肪燃焼や糖エネルギーの代謝をたすける「アディポネクチン」というホルモンについてお伝えしました。

特にスクワットはすぐにできると思うので、やってみてくださいね。

それでは。

-出海 肇

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部

247ダイエッター編集部

私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。