チアシードで失敗しないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

このメルマガではくりかえし、ダイエットやボディメイクの成功の秘訣は、

 

運動と食事

 

にあるとお伝えしています。

たくさんある運度や食事法の中でも特にオススメしているのが、

 

筋トレと糖質制限

です。

 

今日はその糖質制限とも相性のよいスーパーフードである

【チアシード】

について、そのダイエット効果や摂取の際の注意ポイントについてお伝えします。

 

それではさっそく始めていきますね。

「チアシード」は南米原産のシソ科の植物の種です。

色は黒っぽいものや白っぽいものがあります。

このチアシードの特徴は、とにかく水分を吸収することです。

10分ほど水につけておくだけで、ゼリー状になってとろとろしてきます。

このトロトロが「グルコマンナン」と呼ばれる食物繊維で、こんにゃくにも含まれています。

一時期人気が出た「こんにゃくゼリー」のメーカーにもマンナン○○という名前があったのを思い出します。

このグルコマンナンは、人の消化酵素では消化できないために、

・便秘解消

・血糖値上昇の抑制

・血中コレステロール値の改善

などに効果があるといわれています。

また、チアシードは水分を吸収すると10~14倍に体積を増やすために、

満腹感を得やすい特徴もあり、これが食事制限をしていても、つい食べ過ぎてしまうという場合に効果を発揮します。

 

チアシードには栄養も豊富に含まれ、

・タンパク質(アミノ酸)

・オメガ3脂肪酸

・ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、セレニウム)

・ビタミンB群

・食物繊維(グルコマンナン)

などが含まれています。

このために

・ダイエット効果
・アンチエイジング
・生活習慣病の予防

・アレルギーや炎症の抑制
・疲労回復
・健康保持

などの効能があるとされています。

チアシードを効率よく摂取するためのオススメは、10分くらい水につけた後にヨーグルトなどと混ぜて食べるという方法です。

ヨーグルトは無糖のものが理想ですが、甘みが足りない場合は、糖質のない人工甘味料などで味付けをしてもいいと思います。

また、この「チアシードヨーグルト」を食べるタイミングは、食事の1時間前から30分くらいまでがいいと思います。

なぜなら、食べたチアシードが胃の中で水分を吸収して膨らむので、自然に過食を防ぐことができるようになるからです。

1日の摂取目安は、大さじ1杯くらいにしておくのをオススメします。

あまりに多くチアシードをとってしまうと、カロリーオーバーや栄養の偏りなどが起こるかもしれないからです。

また、チアシードの吸水性の高さから、逆に便秘がひどくなってしまう可能性もあるので、注意してください。

注意ポイントの最後になりますが、このメルマガでは1食分をチアシードで置き換えるような方法は、オススメしていません。

あくまで、メインの食事の補助的なものとしてチアシードを摂るようにしてください。

最近はチアシードを扱うお店も増えてきましたが、もしあなた近所のお店で取り扱いがない場合には、通信販売などでも入手できます。

また、コンビニなどでもチアシード入りのスムージーなどが販売されています。

どんなものか一度試してみたいという場合には、そういう商品を試してみるのもオススメです。

今日は、最近スーパーフードとして人気のある「チアシード」についてお伝えしました。

あなたのダイエットやボディメイクの参考にしてくださいね。

それでは。

-出海 肇

2アンケート