生理中は太らない、というお話は本当なのでしょうか?

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

少しずつあたたかくなり、私の住んでいるところでは、うぐいすが鳴きはじめているのを耳にしました。

 

あなたの住んでいる地域はまだまだ寒いかも、あるいは逆に暖かいかもしれませんね。

暖かくなると服装の悩みも増えますよね。

 

特に薄着だと

【カラダのラインが出てしまう】

傾向があります。

 

ですので、できる限り早く理想のボディを手に入れて、ハードなボディメイクモードから、

ゆったり目の理想のボディを維持するモードに移ってしまうほうがいいかもしれませんね。

 

さて、今日も昨日に引き続き、読者からの質問にお答えしていこうと思います。

それでは始めていきますね。

 

■読者からの質問(一部抜粋)

引用ここから
↓↓↓↓

生理中のダイエットについて聞きたいのですが、生理中、どうしても甘いものが食べたくなり、お腹も痛いし、運動すると蒸れて嫌なのでついダイエットを休んでしまいます。
生理中は太らない、というお話は本当なのでしょうか?
生理まで頑張ってやっていても生理中にサボってしまったら効果は無くなってしまうのでしょうか?

↑↑↑↑
引用ここまで

 

■回答

ご質問ありがとうございます。

また、いつもこのメルマガをご愛読していただき、ありがとうございます。

さっそくご質問にお答えしていきます。

 

>生理中は太らない、というお話は本当なのでしょうか?

これは「人による」としかお答えできません。

 

体質によって生理中に太りやすい人と太りにくい人がいるというのが、本当のところです。

 

生理中は体調に変化があるという女性がほとんどです。

期間中は経血が体外に排出されるので、その分体内から水分や老廃物が排出されます。
食物や水分の摂取量が普段とかわらなければ、そこから経血分の水分などが失われることになり、理論的には体重は減ります。

 

ですので、普段以上に飲み食いしても太りにくくなるというのはある意味当然のことです。

これが「生理中は太らない」という現象のからくりです。

一方で、生理中は体調が変化しやすく血液量も減少するので、冷えやむくみなどで水分をためやすく代謝がダウンしてしまうこともありえます。

これが「生理中は太りやすい」という現象の説明になります。

 

どちらのパターンが質問者さんに当てはまるかはわかりませんが、

「生理中に太りやすいか太りにくいかは体質によって変わってくる」

というのがこの質問への答えになります。

 

いずれにせよ生理中は体調やホルモン、血液量の変化が起こりやすく、体重にも変化が生じやすい期間なので、普段以上にカラダの変化に気をつけるようにしてください。

 

次の質問に移ります。

 

>生理まで頑張ってやっていても生理中にサボってしまったら効果は無くなってしまうのでしょうか?

そんなことはありません。

 

継続していた食事習慣や運動習慣が中断しても、再開すればまた効果がでてくることはリサーチで証明されています。

 

たとえば、ダイエットやボディメイクをがんばっていて、生理期間に突入したとします。

そこで、たとえば食事のコントロールを中断したり、運動の量を軽くするなどしたために、体重が増えたり、体脂肪率などが増えてしまったり、ということが起こる可能性はあります。

しかし、その場合でも生理の期間が終わったら、再び食事のコントロールや運動を元の状態に戻すようにしてください。

すると、以前より効率的にダイエットやボディメイクが進む場合が多いです。

筋肉やカラダの代謝システムは、生理前のカラダの使われ方というのを覚えているので、整理が終わって、食事や運動のリズムを元に戻した場合には、比較的早くエネルギー効率のよいカラダの使い方に順応できるようになります。

ですので、安心してください。

一つアドバイスさせていただくと、質問者さんの場合は

「どうしても甘いものが食べたくなる」

とおっしゃっているので、

 

この甘いものは「糖質オフ」のゼリーなどにおきかえていただくのがオススメです。

 

最後に、生理中の体調変化とトレーニングの強度についてまとめておきますので、参考にしていただければと思います。

 

 

■生理中の体調とトレーニング強度

1.生理前 体調↓ トレーニング強度=やや軽~中

2.生理中 体調↓↓ トレーニング強度=軽

3.生理後 体調↑↑ トレーニング強度=中~強

※体調の横の矢印は体調のアップダウンを示しています。

生理中は体調だけではなくメンタル面でも不安定になりがちで、暴飲暴食をしてしまうこともあると思います。

その場合でも、自分を責めるのではなく、気持ちをゆったり持って、音楽やアロマ、散歩などあなたのリラックスできる方法を探してみてください。

今日はメルマガ読者の質問に答える形で、生理中のダイエットやボディメイクとの付き合い方についてお伝えしました。

ぜひ実践して感想などを送ってくださいね。

それでは。

-出海 肇

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部

247ダイエッター編集部

私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。