糖質制限のレシピ【豆腐のティラミス】

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

糖質制限を実践していると、突然甘いものが欲しくなることってありませんか?。

私はたまにですが、あります。

今日はそんな時に私が作ってたべている

スイーツのレシピをお伝えしたいと思います。

簡単にできるので、ぜひあなたも試してください。

それでは始めていきます。

 

 

【豆腐のティラミス】糖質量7.5g

■材料(2人分)

絹ごし豆腐(1/2丁)200g 糖質3.7g

クリームチーズ 36g 糖質3.0g

ココアパウダー(無糖) 小さじ1杯(5g) 糖質0.8g

 

■作り方

1.ボウルにクリームチーズをあけ、室温になじませる。

2.大きなスプーンやへらなどで、クリームを練る。

3.豆腐1/8丁くらいを加えて混ぜ込む。

4.残りの豆腐の半分を加えて混ぜ、よく混ざったら残りの豆腐を加えて混ぜる。

5.器に形よく盛り付けてココアパウダーを振りかけてできあがり!

 

簡単にできるので、ぜひ作ってみてくださいね。

ちなみにココアパウダーは無糖のものが理想です。

砂糖入りのものは、小さじ1杯で3.5gくらい糖質量が増えます。

これくらいの量であれば許容範囲ですが、くれぐれもかけ過ぎには注意してください。

甘みがなくて物足りない場合には、ノンカロリーの人工甘味料などを使うと、糖質量を増やさずに甘みを楽しめると思います。

 

 

■ココアの効能

ココアはリラックスやストレス解消に効果があるといわれています。

これはココアに含まれるデオブロミンと呼ばれる物質が、脳内のセロトニンに働きかけるからです。

また、ポリフェノールの働きで、美肌やアンチエイジングにも効果があるとされています。

その他、小さじ一杯でも1.3gの不溶性食物繊維を含むので、便秘解消や腸内環境を整える効果もあります。

また、このティラミスは「冷たい」種類のデザートですが、ココアにはカラダを温める作用もあるとされてい雅う。

また、アミノ酸の一種アルギニンを含むのもココアの特徴です。

アルギニンは疲労回復の効果があり、細胞の活性化や、傷ついた皮膚の修復するという機能も確認されています。

そのほかにも、貧血予防や認知症予防、集中力や記憶力のアップなど、たくさんの効果効能がありますので、このレシピに限らず積極的に取っていきたい食品です。

ただ、無糖のココアは、チョコレートとは違って甘くないので、摂り方に工夫が必要です。

私は練ったココアをホットミルクなどで割って飲むのが好きです。

ココアの風味とほんのりと甘いミルクの組み合わせがおいしく、飲むと気持ちが落ち着いてきます。

砂糖たっぷりのココアに慣れていると最初は物足りないかもしれませんが、すぐに慣れると思います。

もし甘みがどうしても欲しい場合は、人工甘味料などを加えるようにしてください。

今日は糖質制限中でも食べられる【豆腐のティラミス】のレシピとココアの効能についてお伝えしました。

ぜひ調理にトライして、結果を知らせてくださいね。

それでは。

-出海 肇

2アンケート

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。