【アイス】が我慢できない時は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 出海肇

 

こんにちは。

24/7ダイエッター、
ナビゲーターの
出海(でうみ)です。

朝晩はすごしやすく
なってきましたが、

地域によっては
まだまだ
暑い日が続きますね。

こう暑いと、
ダイエット中にもかかわらず
どうしてもアイスが
食べたくなってしまうことって
ありませんか?

私はダイエットをしている時に
アイスが食べたくなり、
耐えるのに苦労した経験があります。

アイスは糖質量や脂質量が多く、
あまりダイエット向きではないことは
わかっていたいのですが、

あの冷たさと、
とろけるような甘さを考えると、、、

「ここはひとつガマン、ガマン!」

と鉄の意志ではねのける
つもりではいても
むずかしいものです。

一度食べたくなると
なかなか邪念を振り払えなかったりして
アイスを食べてしまい、
そのあと罪悪感にへこみました。

しかし、あるときにダイエット中でも
少しなら食べられるアイスを発見したんです。

今日はそれをあなたにお伝えしようと思います。

まずあなたに知ってほしいのは、

・ダイエットに向かないアイス
・ダイエット中でも少しなら食べても
 大丈夫なアイス

の2種類がある

ということです。

ダイエットに向かないアイスは、

アイスクリームやラクトアイスと
よばれる乳製品系のクリーミーな
食感のものです。

それに対して

ダイエット中でも少しなら
食べて大丈夫なアイスは、

フルーツ系やかき氷系のシャーベットや氷菓という
ジャンルのものです。

たとえば、
ハーゲンダッツのバニラ味では、

ミニカップの容量
110mlに対して

エネルギー  244kcal

たんぱく質 4.6g

脂質  16.3g

炭水化物  19.9g

といった栄養成分が
含まれています。

これをたとえば、
ガリガリ君コーラ味(棒)
アイスキャンディーに変えるだけで、

同じ内容量110mlで、

エネルギー 45kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 11.6g

というエネルギー量と
栄養素に抑えることができるのです。

私はこの事実に気がついてから、
どうしてもアイスが
我慢できないときは、
ガリガリ君などを
選ぶようにしています。

ミルキーで濃厚なバニラ味も
魅力的ですが、

「冷たくて、甘いものが食べたい」

という欲求を満たすだけならば、

ガリガリクンコーラ味のような、
アイスキャンデーでもいいと
思いませんか?

もし次に、

「どうしてもアイスが食べたい!」

となってしまった時には、
ガリガリ君などの「氷菓」のほうが
カロリーが低いことを思い出して、
食べてみてください。

もしこの工夫で
ダイエットがうまくいったら、
知らせてくださいね。

それから、
あなたのやっている
ダイエットの工夫も
教えていもらえると、
うれしいです。

皆さんのアイデアを
ドンドンこのメルマガで
シェアできたらいいなと
思っていますので。

それではまた!

-出海 肇

2アンケート