周囲の声に負けないメンタルの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

ダイエットをしていると

「そんなことしたってやせないよ」

「お前にゃ無理だよ」

糖質制限なんて意味ないよ」

など、心無い言葉をかけて
せっかくダイエットに真剣に取り組もうと思っているあなたの邪魔をしてくる人が現れることがあります。

彼らには悪気がない場合がほとんどです。

ただ、こうした声を真剣に受け取ってしまい、その結果ダイエットに失敗して、

「だからいったでしょ」
「最初から無理だってわかってたよ」

などといわれるパターンは避けたいものです。

そこで、今日の記事では

周囲の声に負けないメンタルの作り方

についてお伝えします。

まず、冒頭の心無いことばを投げてくる人たちは2種類に分けられます。

一つは、あなたに対してよい印象を持っていないために意地悪で辛辣な言葉を言ってくる人たちです。

こういう人たちに対しては、相手にしないのが一番です。

あなたがやせて魅力的な人間になろうが、ダイエットに失敗しようが基本的に彼らには何の影響もありません。

何を言われようが、基本的にはスルーして聞き流しましょう

もう一種類の人たちは、あなたのことを心配してアドバイスめいたことを言ってくる人たちです。

私も家族や友人などにダイエットに対してあれこれ言われて困ってしまったことがあります。

これに対する対処法は、24/7のブログなどを見せて、自分の取り組んでいる方法が安全で実績の出ている方法であると納得してもらうことです。

100%の理解を得ることは難しいかもしれませんが、少なくとも根拠の薄い批判や間違った自己流のダイエットアドバイスなどは減る可能性があります

あなたのまわりにいる人たちへの対策が決まったら、次は自己のメンタルを見つめ直してみましょう

周囲の声が気になる時というのは、自分に自信が持てていない場合が多いです。

特にダイエットに取り組み始めた時というのは、体型や容姿にコンプレックスを抱いているケースもあり、そのことで劣等感を抱いたり、自信を失ってしまいがちです。

ただ、理想の体型を実現するために何らかの努力をしようという気持ちについてはそう誰しもがもてるものではありません。

世の中のほとんどの人は向上心のないままだらしない体つきや不健康な生活を続けています。

その点、あなたは違うのではないでしょうか。

このままじゃまずい

かわらなきゃ」

など
と思ってこの記事を読んでくださっているのだと思います。

そんなあなたは、思いを行動に移している時点で何もしていない人たちの100倍はすばらしいです。

もし自信がないのなら、自信を持ってください。

自信がないのに自信を持つというのは一見難しいかもしれませんが、
自信を持つことに根拠なんて必要ありません。

「私なら大丈夫」と声に出すだけでもOKです

自信を持てば周囲の人に何を言われようがそんなに気にならなくなります。

きちんと食事のコントロールと運動を続ければ、必ず結果は出ます!

正しい方法を選んで実践し、理想のボディメイクに少しずつ近づけていきましょう。

3日間→1週間→10日間と小さな成功体験を増やすことで自分に対する信頼がついていきます。

 

たとえ途中でいったん挫折したとしても、また再開すれば前の努力を筋肉は憶えていますので、全くゼロからの再開ということにはなりません。

ですので、ダイエットを中断してしまったとしても気を取り直して、再スタートしてみてください。

もし連休などで、気が緩んでつい食べ過ぎてしまったという場合はこの記事をきっかけにもう一度ダイエットを再開してみてください。

もしダイエットを継続できている場合はここまで続けてきた自分をほめて、さらに自信をつけてダイエットに取り組んでいっていただければと思います。

今日は、周囲の声に負けないメンタルの作り方について、お伝えしました。

それでは。

-出海 肇

2アンケート