ダイエットにおすすめの4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

今日は、
ダイエットのモチベーションを
キープするために

寝る前にぜひ試してほしい
4つのこと

をお伝えします。

1.寝る前にイメージトレーニングをする

これは何をするかというと、

もし若い時にスタイルが良くて、
あの時代に戻りたいという場合には、
その時の写真などを見て

ボディメイクを決めた状態を
想像してみてください。

また、若いころそんなにスタイルに
自信がなかったという場合は、

フィットネスモデルやボディビルダー、
ハリウッドスターなど、
憧れのスタイルに近い人の
インスタグラムなどを見て

自分が同じような体型に
なったところを
イメージするようにしてみてください。

人間の心には顕在意識と潜在意識があるといわれていますが、

この方法は特に潜在意識に
「スタイルのよい自分」
という理想上体を
現実のものとして刷り込む効果があります。

この効果をプライミングといいますが、

脳がある種の勘違いをすることで、
食べ過ぎたり、
トレーニングを怠けてしまったり、
というボディメイクの実弁の
妨げとなる行動をしなくなっていきます。

 

2.水を少し飲む

これをすることで、
代謝がよくなり結果として
体脂肪が減ることになります。

また、何かをお腹に入れることで、
夜食を食べてしまったりということが
防ぎます。

飲みすぎは、夜中にトイレに行きたくなったり
することがあるので気をつけてください。l

グラスに半分くらいでいいかと思います。

秋も深まってきましたが、
春になるまでは冷たい水は避けて、
常温の水や、白湯などを飲むのがおすすめです。

3.リラックスできる音楽や環境音を聞きながら横になる

仕事やトレーニングなどで高ぶった気持ちを落ち着けるとぐっすり眠ることができます。
気持ちが高ぶったままだと十分な休息が得られずに、ボディメイクにもあまりよくありません。

トレーニングでしっかり刺激を与えた後は、きちんと筋肉を休めることが、引き締まったカラダを目指す場合には必要になります。

そのためにもリラックスできる音楽や環境音をおすすめします。

環境音は波の音や木々のさざめきなど、ネット上で無料で公開されているものを活用できます。

4.その日にあったいいことを思い出して眠りにつく

ダイエットで食事制限を実践したり、少しきつめのトレーニングしたりしていると、何か自分に無理を強いているという意識を持ってしまい、ネガティブな気持ちになってしまうことがあります。

夜眠るときまでそのマイナスの気持ちを持ち込んでしまうと、翌朝疲れが残ったりすることがあります。

それを防ぐために、たとえ昼間いやな気持になったとしても、ほんの小さなことでいいので、その日起こった出来事の中で「いいこと」を思い返しながら眠りにつくようにしてみてください。

最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、「いいこと探し」が習慣になると、うまく自分の気持ちをコントロールできるようになり、ボディメイクにも積極的に取り組めるようになります

今日はあなたの理想のボディメイクを実現するために寝る前に実践できる4つの工夫をお伝えしました。

ここでお伝えした方法はボディメイクを成功させるために大切になるモチベーション維持に役立つので、さっそく今日から試してみてください。

それでは。

-出海 肇

2アンケート