甘いものが欲しい時は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:出海 肇

こんにちは。

出海です。

あなたは、糖質制限をしていて「急に甘いものが欲しくなる」ことってありませんか?

糖質制限ダイエットをしていると、糖質の低いものを選んで食べるようになるために、急に甘いものが食べたくなったりすることがあります。

これは半ば本能的な反応で、どうしようもない心の動きとも言えます。

そういう気持ちが強くなった時に、誘惑に負けてついスイーツなどをたくさん食べてしまい、その結果リバウンドしてしまうという事態はできれば避けたいものです。

 

そこで今日は、

「急に甘いものが食べたくなった場合」

の対処法についてお伝えします。

 

■方法その1

糖質ゼロのスイーツなどを選んで購入する。

最近は甘いものでも糖質ゼロの食品や低糖質の製品が多くなってきています。

そうした食品の中から食べることのできそうなものをチョイスすると、満足感も出て、気持ちも落ち着くと思います。

目安は100gあたりの糖質が10g以下のものを選ぶようにするといいでしょう。

私は糖質ゼロのゼリーなんかを選ぶことが多いです。

ただ、低糖質のものだからと言ってたくさん食べすぎると、体に負担がかかってしまうこともあるので注意してください。

 

 

■方法その2

無糖の紅茶など、糖質ゼロでもほのかに甘みを感じることのできる飲み物を飲む。

「午後の紅茶」、「ジャワティ」などで、砂糖の入っていない種類を選ぶのがおすすめです。

飲み物ではほかにも人工甘味料を使用したものがあります。

人工甘味料については賛否両論がありますが、私はダイエット中に一時的に飲む分にはそれほど体に影響はないと考えています。

 

■方法その3

果物を少量食べる。

ミカンやリンゴなど、果物に含まれる果糖は吸収が穏やかで、食物繊維も一緒に摂れるために、甘いものが欲しい時に少量食べる分には大丈夫です。

人工甘味料を使用したものを食べるくらいなら果物を食べたいという場合は、

リンゴなら1/4個

ミカンなら中サイズ1個

バナナなら1/2本

などを目安に食べるようにしてください。

どれも、糖質量10g以下を目安にしています。

 

■方法その4

プロテインを飲む。

これは手前味噌になってしまいますが、

タンパク質補給「甘いものが飲みたい」という欲求を同時に満たせるのでオススメの方法です。

注意点としては、糖質量を抑えたプロテインを取るようにすることです。

体重を落としたり、カラダを絞って理想のボディメイクをしようという場合には、糖質量の少ないプロテインを選ぶようにしてください。

 

プロテインの中には「バルクアップ」系の糖質も同時に摂って、体重を増やしたり筋肉を肥大させる目的の製品もあるので注意が必要です。

その点、24/7ワークアウトのプロテインは糖質制限のプログラムを意識して作られていますので、安心して召し上がっていただけます。

今日は、「急に甘いものを口にしたくなった場合の対処法」についてお伝えしました。

ぜひ、参考にしてください。

それでは。

-出海 肇

 

2アンケート