ダイエット中の食事コンビニで!コンビニ別オススメの食品27選

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
コンビニ

ダイエット中にコンビニ食事をする場合って何を食べたらいいんだろう。」

って思ったことありませんか?

 

コンビニ食品は、カロリーが高くてダイエットに向かないイメージがあるかもしれません。

「でも、仕事が忙しかったりして時間がないときはコンビニで手軽に食事を済ませたい」と思いますよね。

 

実はダイエット中でも、問題なく食べることができるコンビニ食品も多くあります。

むしろ、ダイエットに向けのコンビニ食品まであるほどです。

 

そこでこの記事では、ダイエットにオススメなコンビニ食品をコンビニ別で分かりやすくお伝えしています。また、ダイエット中にはオススメできないコンビニ食品についてもお伝えしているので、ダイエット中にコンビニ食品を食べる際には気を付けてみてくださいね。

 

これを知れば、ダイエット中の食事に困ることはグッと減り、ダイエットの効率も高まりますのでぜひ参考にしてみてください。

目次

コンビニ別のダイエット中にオススメな食品

ダイエット中にオススメなコンビニ食品は、どのコンビニでも販売されています。その中でも、主要コンビニである「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」で販売されている、ダイエット中にオススメなコンビニ食品をお伝えしていきたいと思います。

セブンイレブンのオススメ食品

サラダチキン プレーン

  • カロリー:112kcal
  • 糖質量:1g

鶏むね肉を塩・こしょうで味付けし蒸しあげています。加熱せずに食べることができるので気軽に食べることができます。低カロリー・低糖質ですが、良質なタンパク質を摂取することが可能です。

さばの塩焼

  • カロリー:約300kcal(さばの大きさで異なる)
  • 糖質量:0g

電子レンジで温めることで食べることができます。おかずとして十分の大きさであり、食べ応え十分です。糖質量が少ないため、ダイエット中でも食べることができます。

こだわりたまご(おでん)

  • カロリー:83kcal
  • 糖質量:1.1g

コンビニのおでんは、ダイエット中でも食べることができる食品が多いです。なかでもたまごは、低カロリー・低糖質となっておりダイエット中でも問題ありません。たまごは、「完全栄養食」と呼ばれるほど、必要な栄養素が含まれており、健康に良いのです。

揚げ鶏

  • カロリー:182kcal
  • 糖質量:7.4g

ホットスナックなのに、カロリー・糖質ともに低く抑えられています。ダイエット中でも揚げ物を食べたいときには、揚げ鶏を食事に取り入れることがオススメです。

一風堂 白丸とんこつ豆腐スープ

  • カロリー:101kcal
  • 糖質量:4.8g

とんこつ味で豆腐入りのスープです。低カロリーのスープとなっており、ダイエット中でも問題なく食べることができます。このスープに糖質0麺を入れて食べることで、低糖質なラーメンとしても楽しむことができます。

いか炙り焼き

  • カロリー:137kcal
  • 糖質量:2.7g

電子レンジで温めるだけで食べることができます。醤油だれに付け込んでいるため、おかずとして食べることができます。低カロリー・低糖質なおかずとしてオススメです。

ファミリーマートのオススメ食品

RIZAP サラダチキンバー(レモン)

  • カロリー:83kcal
  • 糖質量:0g

国産の鶏むね肉・鶏皮を使用したチキンであり、RIZAPとコラボした商品となっています。低カロリーなだけでなく、糖質0gとなっているため、安心してダイエット中でも食べることができます。

RIZAP 旨辛豆腐ラーメン

  • カロリー:302kcal
  • 糖質量:14.5g

RIZAPとのコラボ商品であり、チゲ風のラーメンです。ラーメンの面には食物繊維を練り込んでおり、糖質を抑えたフライ麺を使用しています。ダイエット中でもカップ麵を食べたいときにオススメです。

 

やげん軟骨焼き

  • カロリー:153kcal
  • 糖質量:0.1g

鶏軟骨に鶏ハラミがついた状態で焼かれた食品であり、おかずやおつまみとして人気があります。糖質が少ないため、ダイエット中でも美味しく食べることができます。

1/2日分の野菜が摂れるコンソメスープ

  • カロリー:83kcal
  • 糖質量:6.7g

多くの野菜が入ったコンソメスープです。グリーンリーフやブロッコリー、ニンジンなど多くの野菜が入っており、栄養満点なスープとなっています。それでいながら低カロリー・低糖質なので、健康的に痩せていくダイエットに向いているコンビニ食品です。

オクラとなめこのネバネバサラダ

  • カロリー:46kcal
  • 糖質量:8.1g

オクラやなめこ、大根などが使われているサラダです。身体に良い食品ばかり使用されています。なかでもオクラとなめこは、食物繊維が豊富に含まれているため、ダイエット効果が期待できます。

切干大根煮

  • カロリー:80kcal
  • 糖質量:8.4g

国産かつお節と北海道産昆布からとっただしで煮た切干大根です。切干大根は食物繊維やビタミンB群が豊富に含まれており、ダイエット効果だけでなく、美肌効果まで期待することができます。

 

ローソンのオススメ食品

冷やっこセット

  • カロリー:143kcal
  • 糖質量:5.6g

有機丸大豆を100%使用した豆腐とおろし生姜・かつお節・たれをセットにした冷やっこセットです。豆腐は「機能性食品」とされているだけに、健康的なダイエットするためにオススメな商品となっています。

サラダチキンの棒鶏

  • カロリー:204kcal
  • 糖質量:4.4g

サラダチキンやキュウリ、豆もやしなどにゴマだれをかけて食べる棒棒鶏です。さっぱりした味付けとなっており、夏にオススメとなっています。また、低カロリー・低糖質なので、ダイエット中でも安心して食べることができます。

 

でか焼鳥 もも塩

  • カロリー:124kcak
  • 糖質量:0.7g

ローソンのホットスナックコーナーで販売されている焼鳥です。ホットスナックコーナーのコンビニ食品はダイエットに向かない食品が多い傾向があります。しかし、でか焼鳥 もも塩は低糖質であり、ダイエット中でもオススメのコンビニ食品となっています。

厚揚げと釜揚げしらすのサラダ

  • カロリー:132kcal
  • 糖質量:7.6g

絹厚揚げに釜揚げしらすをのせ、さらに生野菜などが組み合わされたサラダとなっています。サラダなのに意外とボリュームがあります。しかも、低カロリー・低糖質なのでダイエット中にオススメのコンビニ食品なのです。

ローソンファーム 大根(おでん)

  • カロリー:10kcak
  • 糖質量:2.2g

ローソンのおでんは、低カロリー・低糖質の商品が多く、ダイエット中にオススメの食品が多いです。なかでも大根は低カロリー・低糖質となっており、美味しく食べることができます。大根にはビタミンAやビタミンCが含まれており、美容効果も期待することができるのです。

豆腐ハンバーグのサラダ

  • カロリー:166kcal
  • 糖質量:15.3g

豆腐ハンバーグをメインにしたサラダとなっています。低カロリーでありながら、レタス・ニンジン・玉ねぎ・カボチャなど多くの野菜を摂取することができます。ボリュームもあるため、ダイエット中の食事なのに満足感を満たしてくれる食品です。

    ブランパン2個入り~チーズ~

    • カロリー:1個当たり74kcal
    • 糖質量:1個当たり2.0g

    ブラン(穀物の外皮)生地にダイスチーズを練り込み、表面に粉チーズをトッピングしたパンです。カロリー・糖質ともに低いため、朝食にパンを食べるならオススメとなっています。チーズの味わいが楽しめるため、なにも付けなくなくても美味しく食べることができます。

    海藻ミックスサラダ

    • カロリー:21kcal
    • 糖質量:2.6g

    海藻ミックスにプラスして、大根・紫玉ねぎ・にんじん・水菜が盛り付けられているサラダです。海藻にはミネラルや食物繊維が多く含まれており、ダイエットや健康に期待することができる食品となっています。

    コラム:ダイエット中に一番オススメなコンビニは「ローソン」

    ダイエット中にオススメなコンビニは「ローソン」です。なぜなら、「ロカボシリーズ」「ナチュラルローソンシリーズ」があるからです。どちらのシリーズも低糖質の食品となっており、ダイエット中にオススメの食品となっています。なので、近くにローソンがあるならローソンで買うようにしましょう。

     

    ダイエット中にコンビニ食事をする際の選ぶポイント

    ダイエット中にコンビニ食品でも瘦せることはできる理由は、コンビニ食品には糖質・カロリーが低い食べ物がたくさんあるからです。コンビニ食品の種類は豊富であり、高カロリーの食品から低カロリーの食品まで数多く販売されています。

     

    そこで、糖質やカロリーが低い食品のみを選ぶことによって、ダイエット中にコンビニ食品で食事をしても瘦せることができるのです。ダイエット中にコンビニ食品で食事にするのなら、糖質・カロリーをチェックし、糖質・カロリーの低い食品を選ぶことがポイントです。

     

    ダイエット中に食べるコンビニのおやつ、間食

     

    ダイエット中でもおやつ・間食を食べたいときがあると思います。そんなときには、コンビニで販売されているおやつ・間食がオススメです。そこで、コンビニで販売されているダイエット中でもオススメなおやつ・間食をお伝えしていきます。

     

    ソイジョイ(ピーナッツ)

    • カロリー:144kcal
    • 糖質量:6.7g

     

    コンビニで販売されているソイジョイシリーズは、ダイエット中に食べるおやつ・間食としてオススメです。カロリー・糖質ともに抑えられているため、ダイエット中でも問題なく食べることができます。それでいながら、豆タンパク質が豊富に含まれているため、健康面でもプラスに働くのです。

     

    ウイダーinバー プロテイン ベイクドチョコ

    • カロリー:166kcal
    • 糖質量:11.1g

     

    プロテインバーもコンビニで販売されており、ダイエット中に食べるおやつ・間食としてオススメです。栄養バランスが考えられており、タンパク質が多く含まれています。午後の休憩など疲れが溜まったときに、間食として食べることでエネルギー補充をすることができます。

     

    ゼロノンシュガーチョコレート(ローソン)

    • カロリー:132kcal
    • 糖質量:10.0g

     

    ナチュラルローソン菓子シリーズの商品となっています。スイートチョコとビターチョコが2層となっており、疲れを癒してくれます。チョコレートなのにカロリー・糖質が抑えられており、食物繊維は2.4gも配合されています。

    ブランとチアシードのクッキー

    • カロリー:160kcal
    • 糖質量:5.9g

     

    同じくナチュラルローソン菓子シリーズの商品です。砂糖不使用となっており、糖質が抑えられています。ココナッツオイルのやさしい風味を感じることができ、美味しいお菓子となっています。

    ブランのドーナッツ

    • カロリー:265kcal
    • 糖質量:13.1g

    オーツブランなどで作られたドーナッツとなっており、ドーナッツなのに糖質が抑えられています。そのため、ダイエット中の朝食にオススメとなっています。

     

    まろやか6Pチーズ(セブンイレブン)

    • カロリー:1個当たり56kcal
    • 糖質量:1個当たり0.2g

     

    セブンイレブンのチーズもおやつ・間食にオススメとなっています。チーズはダイエットに向かないイメージがありますが、少量ならむしろプラスに働きます。タンパク質やビタミンAなどが含まれており、必要な栄養を摂取しながらダイエットすることができるのです。

     

    RIZAP 濃厚キャラメルプリン(ファミリーマート)

    • カロリー:204kcal
    • 糖質量:8.9g

     

    ファミリーマートとRIZAPがコラボした商品となっています。プリンなのに低糖質となっており、ダイエット中でもおやつ・間食として食べることができます。疲れたときに食べたい一品です。

     

    ダイエット中のオススメなコンビニの飲み物

    ダイエット中はコーラなどの炭酸飲料や野菜ジュースなどはNGは糖質が高いのでNGです。

    ダイエット中にオススメなのは以下の通りです。

    • ミネラルウォーター:味のついてないものを選ぶようにしましょう
    • 炭酸水:空腹防止の効果が期待できます。
    • ブラックコーヒー:ミルクや砂糖が入っていないものを選びましょう
    • 緑茶:トクホに指定されている特茶やヘルシア緑茶などがオススメです。

     

    他にももっと詳しく知りたい場合は、下記の記事に詳しくお伝えしていますのでよかったら参考にしてみてください。

    ダイエット中に飲んでもよい飲み物とダメな飲み物まとめ

     

    ダイエット中にオススメできないコンビニ食品

     

    高カロリー・高糖質のコンビニ食品は、ダイエット中に食べることはオススメできません。そこで、ダイエット中にオススメできないコンビニ食品は以下の通りです。

     

    おにぎり(ご飯・100g)

    一般的な糖質量:約37g

    おにぎりは、ダイエット中にオススメできないコンビニ食品となっています。おにぎり1個に対する糖質量が高いため、ダイエットには向きません。また、おにぎりの具によっては、さらにカロリー・糖質量が高くなります。できればダイエット中は、コンビニでおにぎりを購入するのは避けるべきです。

    パン(食パン6枚切り1枚・60g)

    一般的な糖質量:26.8g

    パンもダイエット中にはオススメできないコンビニ食品です。おにぎり同様、高い糖質量を誇っており、ダイエットには向きません。しかも、菓子パンや惣菜パンになれば、さらに高カロリー・高糖質となってしまいます。基本的にダイエット中は、パンを購入するのは控えるべきです。

    補足:ローソンのロカボシリーズのパンはOK

    ローソンには先程紹介したブランパンを中心に低糖質のパンが揃っています。どうしてもパンを食べたい場合はローソンに行きましょう。ダイエット中のパンについては下記の記事で詳しくお伝えしていますのでよかったら参考にしてみてください。

    糖質制限ダイエット中にオススメのパン25品|買えるお店まとめ

     

    お弁当

    一般的な糖質量:約80g~100g

    コンビニのお弁当もダイエットにはオススメできません。高カロリー・高糖質となっており、ダイエットに向かないのです。バランス良く食材が入っている幕の内弁当ですら、ダイエット中では高カロリー・高糖質となってしまいます。

    ダイエット中は、コンビニで弁当を購入するのは控えるべきです。

     

    コンビニでの食事ダイエット効果を高める3つのコツ

    食事の仕方でダイエット効果を高める方法がありますのでお伝えしていきますね。

    サラダから食べる

    コンビニ食事をする場合はサラダから食べるようにしていきましょう。なぜなら、サラダに含まれる食物繊維は脂肪の吸収を抑える効果が期待できるからです。炭水化物を先に食べると脂肪を吸収しやすくなっていまいます。

    なので、野菜→肉、魚類→炭水化物の順番で食べるようにしていきましょう。

     

    食べる順番ダイエットについては下記の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

    食べる順番ダイエットを今日から実践するための方法と注意点について

    よく噛んで食べる

    お肉はよく噛んで食べるようにしましょう。なぜなら、よく噛むことで満腹中枢が刺激されて満腹だと感じるようになるからです。その結果、空腹時間が少なくなり、余計な食事をしないようにすることができます。なので、お肉はよく噛んで食べるようにしましょう。

    コラム:

    満腹感は、おなか(胃)が感じるのではなく、脳が感じるものです。食事をしてから胃から脳の満腹中枢に信号が伝わるまでに20分の時間がかかります。この20分間の食べ方で、食べ過ぎを防ぐことができます。よく噛んで、ゆっくり食べることで、満足感を得やすくなるのです

    参考サイト:Increasing the Number of Chews before Swallowing Reduces Meal Size in Normal-Weight, Overweight, and Obese Adults(米国栄養・食事療法学会 2013年11月11日)

    バランスよく2品以上選ぶ

    1品だけではなく、2品以上選ぶようにしましょう。なぜなら、栄養バランス良く取る必要があるからです。サラダだけだとタンパク質が不足しますし、チキンだけだと食物繊維が不足していまいます。なので、サラダ系、肉、魚類を中心に2~3品選んで食べるようにしましょう。

    まとめ:コンビニで食べられる食品を知ってダイエットを効率化させよう

    いかがでしょうか?

    ダイエット中でもコンビニ食品を食べても問題ありません。ただし、どのコンビニ食品を食べるのかがポイントとなっています。コンビニ食品のなかでも、低カロリー・低糖質の食品を選んで食べるようにしてください。

     

    また、コンビニに販売されているおやつ・間食の中には、ダイエット中でも食べることができるおやつ・間食があります。無理せずダイエットするために、コンビニで販売されている低カロリー・低糖質のおやつ・間食を利用するのがオススメです。

     

    ダイエット中は食事に気を遣うあまり、コンビニ食品を避ける傾向があります。しかし、コンビニ食品の中には、ダイエットに向いている食品も数多くあるのです。ですから、ダイエットに向いているコンビニ食品を選択して、コンビニ食品を上手に利用し、健康的にダイエットを成功させましょう。

    The following two tabs change content below.
    247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
    私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
    14日で-3キロを目指す実践マニュアル