痩せる気が無くなってしまった時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたはこれまでダイエットに取り組んできて、

周りから

 

「無駄だよ」

と言った否定や、

「デブ」

といった悪口を言われたことありますか。

 

 

もしそのような経験があるのなら

嫌な気持ちを思い出させてしまったかもしれません。

 

 

ただ今日は、そのように

周りから否定的な言葉をかけられた時の心構えというか、

 

そのような状況でも諦めず、

継続していく秘訣についてお話ししたいと思います。

 

 

 

なぜ今回、そのようなメルマガを

書こうかと思ったかといいますと、

 

実際に次のような返信を頂いたからです。

 

「ダイエットをがんばって始めても、学校でデブや、デカイなどのひどいことを言われ、

やせる気が全く無くなり、ダイエットをあきらめてしまった。」

 

実は自分も以前同じような経験をしたことがありました。

 

なので、周りから罵声を受けたり、

自分の可能性を否定されることが

どれだけつらいか痛いほど分かります。

 

だからこそ、上記のようなメルマガを読んで、

何か少しでも役に立てればと思ったんですね。

 

 

あれは自分が高校生の頃でした・・・

 

 

自分は高校サッカー部に推薦ではいったため、

自分の実力に自信をもっていました。

 

しかし、入部してみると

世代別代表に選ばれたこともあるような選手もいて、

レベルの違いを痛感しました。

 

そして彼らと一緒に練習を重ねる中で、

自分のプレーに対して文句を言われることが多くなっていきました。

 

しまいには、コーチからも

「やめろ」

「かえれ」

と言われる日々でした。

 

高校側からサッカー部に入部してほしいといわれたのにおかしな話ですよね。(笑)

 

 

自分がチームメイトに追いつこうと自主練習をしている時も、

 

「お前じゃいくら練習しても試合に永遠にでれねーよ」

 

といった、罵声や嫌みをチームメイトから言われ、

入部当時もっていた自分に対する自信や、

向上心も日に日に下がっていく毎日でした。

 

この時は本当に悔しかったです。

「ふざけんじゃねーよ」と言ってやりたかった。

(言ってはいませんが笑)

 

 

 

そして一時期、完全に辞めようとしていたのですが、、、

 

 

 

辞めずに踏みとどまりました。

なぜなら自分のことを応援してくれる人がいたからです。

 

特に1番の支えになったのは僕の母親です。

 

落ち込んでいた時の自分は、

サッカーに燃えていた時の態度と明らかに違っていたので、

何も言わなくても悟ったんでしょうね。

(母親はやっぱりすごい)

 

そして母は、サッカーの練習の前に

「こうた(自分です)なら絶対できる」

と励ましのメールを毎日くれました。

 

 

そこから、

「母親を含めて自分を応援してくれる人のためにもがんばりたい」

と強く思うようになり、

 

いくらチームメイトやコーチに罵声を言われようが、

周りに流されることなく、自分で自主練を続けました。

 

そして、周りにながされることなく継続的に努力を重ねた結果、、、

3年次にレギュラーとして活躍することができました。

 

もしあの時、

チームメイトからの罵声を完全に飲み込み心が折れてしまったら、

そこから先、次の新しいことに挑戦しても

すぐに辞めてしまう癖がついてしまっていたと思います。

 

当然、今こうしてナビゲーターとして

メルマガを書いることはなかったでしょう。

 

 

周りの人から

自分のことを否定されるつらさ、

自分も苦しいほど分かります。

 

 

なので、そういった状況に立たされている人の助けになれれば、、、

と思ってこの文章を書いています。

 

 

 

周りから否定される状況の中、

周りの声に影響されずに自分の力だけで

がんばり続けるのはとても大変です。

 

周りの罵声に対して

1人でがんばり続けられるほど、

人というのは強くはありません。

 

自分も1人だけの力では、絶対にサッカー部で

レギュラーになることはできなかったです。

 

 

 

なので、もしあなたが今(もしくはこれから)、

周りから否定的なことを言われていて、

諦めてしまいそうになっているのなら、、、

 

自分のことを応援してくれる人のことを思い出してみてください。

 

世界中のすべての人に好まれる人はいません。

どんな素晴らしい生き方をしても必ず、誰かから嫌われるものです。

 

なら、いっそう割り切って、

自分のことを応援してくれたり、

自分にとって大切な人のためにがんばった方がいい、

というのが僕の経験から来る考えです。

 

 

「自分のことを応援してくれる人がいる」

 

これを自覚することで自然とモチベーションがあがり、

またその人たちが自信を与えてくれるはずです。

 

 

そうすることで、周りからの言葉や目線を気にすることが減り、

自信を失わなくてすむはずです。

 

その結果、ダイエット継続、成功につながっていきます。

 

 

少しでも、あなたのダイエット成功に手助けができれば幸いです。

 

悩み相談、ダイエット状況の報告など、

あなたからの返信を読むの楽しみにしていますね!

 

それでは、お読み頂きありがとうございました。

 

-長谷川広太

2アンケート