ダイエット中にオススメのアイス7選|太らないアイスの食べ方

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ice-diet

アイスってたまに無性に食べたくなるときがありますよね。

でも、実際アイスは糖質もカロリーも高くてダイエット中はなかなか食べられませんよね。

それでも

アイスは本当に食べちゃダメなのかな。ちょっとくらいなら」

って思ったりしませんか。

この記事では、ダイエット中でも食べられる糖質の低いアイスや普通のアイスでも太りにくい食べ方のコツをお伝えしていきます。

ダイエットに我慢は禁物です。この記事を読めば、美味しいアイスを食べながら楽しく痩せていくことができます。ぜひ、参考にしてみてください。

そもそもダイエット中にアイスを食べてよいのか?

まずは、ダイエット中に1日に摂っても良い糖質量の目安は「体重×1g」になります。

体重が60kgの場合は60gになります。糖質の過剰摂取は脂肪蓄積の原因になりますので、ダイエット中はこの摂取量を目安にしましょう。

7日間で糖質制限ダイエットの効果を出すための4つの食事法

では、アイスにはどのくらい糖質が含まれているか知っていますか。一般的なアイスの糖質の一覧は下記に通りになります。

種類糖質量
アイスクリーム22.4g
ラクトアイス22.2g
ソフトクリーム20.1g
アイスミルク23.9g

※2015年食品成分表参考(100gあたりの糖質量になります。)

上記の表を見ての通り、大体のアイスは1個(100g)食べるだけで糖質20g近くになります。

さきほどお伝えした1日の糖質摂取量(体重×1g)を考えると控えた方がおすすめです。

でも、やっぱりアイス食べたいですよね。次の章ではスーパーやコンビニで売ってる糖質が低いアイスを紹介していきます。

 

ダイエット中に食べてもよいアイス【コンビニ・スーパー編】

ダイエット中でも食べられる糖質の低いアイスが買えるお店とアイスの種類をお伝えしていきます。

グリコ SUNAOシリーズ

低糖質のアイスで一番有名なのは、コンビニやスーパーで販売しているグリコのSUNAOシリーズです。

糖質はすべて10g以下で食物繊維も豊富で健康にもダイエットにもオススメなアイスです。

 

ソフトクリーム

・バニラソフト 糖質9.3g、食物繊維11.8g

・抹茶ソフト 糖質8.8g、食物繊維12.2g

 

モナカ

・チョコモナカ 糖質9.9g、食物繊維8.7g

 

カップアイス

・バニラ 糖質7.6g、食物繊維13.4g

・チョコクランチ 糖質8.1g、食物繊維13.3g

・ラムレーズン 糖質8.3g、食物繊維11.9g

 

森永のアイスボックス

昔ながら森永のアイスボックス。こちらも糖質がかなり低いアイスなのでオススメです。

特にレモンはビタミンC配合なので美容効果も期待できます。

・グレープフルーツ 炭水化物3.2g

・レモン 炭水化物3.4g ビタミンC1,000mg

※糖質の表記がなかったため、炭水化物で表示しております。(炭水化物=糖質+食物繊維となっております。】

 

シャトレーゼ

シャトレーゼには糖質カットスイーツがたくさん売っています。

糖質量はさきほど紹介したSUNAOよりも低めです。シャトレーゼかシャトレーゼの通販で買うことができます。

 

糖質70%カットのアイス

・宇治抹茶 糖質5.0g 食物繊維7.5g※マルチトールを除いた糖質量

・バニラ 糖質5.0g 食物繊維7.5g※マルチトールを除いた糖質量

補足:マルチトールとは体内での吸収がおだやかな糖の一種です。

 

シャトレーゼは糖質制限中の宝庫?

シャトレーゼにはアイス以外にも以下のような糖質カットスイーツがたくさんあります。

  • 糖質82%カットのプリン キャラメルナッツクリーム
  • 糖質85%カットのピザ 4種のチーズ
  • 糖質82%カットのピザ マルゲリータ
  • 糖質84%カットのテーブルパン6個入り
  • 糖質84%カットのとろけるショコラ 生チョコ風

ただいま紹介したアイスが近くのコンビニ、スーパーになかったり、シャトレーゼが近くになかったりする場合は通販で買うという選択肢があります。

次の章で通販で買える低糖質アイスを紹介していきますね。

 

ダイエット中に食べてもよいアイス【通販編】

通販でもダイエット中に食べられる低糖質なアイスが買うことができます。

おいしくってゼロ アイスクリーム/シャーベット

全て糖質10g以下の低糖質で味の種類も豊富にあります。※エリスリトールを除いた糖質量になります。

  • ゆずシャーベット(1個 216円)  糖質6g
  • 文旦シャーベット(1個 216円)  糖質7.7g
  • ぽんかんシャーベット(1個 216円)  糖質8.7g
  • 土佐ジローアイスクリーム(1個 270円)  糖質6.7g
  • 天日塩ジェラート(1個 270円)  糖質7.8g
  • 煎茶アイスクリーム(1個 270円)  糖質5.7g
  • ヨーグルトブルーベリー(1個 270円)  糖質6.5g
  • ヨーグルトストロベリー(1個 270円)  糖質6.3g

参照:糖質制限ドットコム

砂糖不使用アイス(低糖質アイス

糖質量が4g以下で、まとめ買いでお得な低糖質アイスです。

  • ミルク (6個入り 2,180円) 糖質2.9g
  • バニラ (6個入り 2,180円) 糖質3.9g
  • チョコ (6個入り 2,180円) 糖質3.5g
  • 抹茶  (6個入り 2,180円) 糖質3.0g
  • あずき (6個入り 2,180円) 糖質2.4g
  • 黒糖きなこ (6個入り 2,180円) 糖質2.4g
  • マンゴー (6個入り 2,180円) 糖質2.9g
  • ブルーベリー  (6個入り 2,180円) 糖質2.9g
  • いちご (6個入り 2,180円) 糖質2.9g
  • ミント (6個入り 2,180円) 糖質2.8g

参照:低糖工房

補足:ダイエット中に食べられるプロテインアイス自作してみる

アイスを作るとなると、難しいイメージがあるかもしれませんね。ここでは、誰でも簡単にできるダイエットアイスをお伝えします。ぜひ試してみてくださいね。

【用意するもの】

  • プロテイン 1食分(44g)※なるべくチョコレートなど甘い味にする。
  • 牛乳又は豆乳(200ml)
  • プロテインのシェイカー
  • ジップロック

 

【作り方】

  1. プロテインと牛乳(又は豆乳)をシェイカーで混ぜます。
  2. ジップロックに流し込んで、冷凍庫に4時間。
  3. 冷凍庫から取り出し、ジップロックに入ったアイスを指でほぐしていく。
  4. 器に移して完成になります。

 

下記は、実際にプロテインアイスを作ったレポートになります。

ジップロックで凍らせるだけ!超簡単シャリ旨アイス

ダイエット中に普通のアイスを食べるときのポイント

どうしても普通のアイスが食べたい場合は、食べ方を工夫することで太りにくくすることができます。

1回の食べる量を少なくする

100gあたりの糖質量が20gほどあるので1個を丸々食べてしまうのはあまりオススメできません。

なので、下記の方法で1回に食べる量を減らせば糖質が高いアイスでも糖質摂取量を減らすことができます。

  • 通常のカップより小さいミニサイズを選んで食べる
  • 大容量のカップを買って複数に分けて器に移して食べる

起床後30分以内か14~16時ごろに食べるようにする

糖質が多いアイスは起床後30分以内に食べるようにしましょう。なぜなら、起床後30分以内に摂取した糖質は脂肪に変わりにくいと言われています。

起床後30分以内に摂取した糖質は筋肉内に運ばれやすく、1日の運動エネルギーになります。詳しくは別記事「糖質制限の効果を最大化させる朝食時の5つのポイント」で詳しくお伝えしてますので良かったら参考にしてみてください。

 

また、14~16時ごろに食べるのもオススメです。なぜなら、夕方は太りにくい時間だからです。脂肪を溜め込むBMAL1という物質量が14~16時頃は一番少ないと言われています。

なので、アイスを食べるなら14~16時ごろに食べるようにしましょう。詳しくは別記事「食事には太りやすい時間がある!食事時間を制してダイエットを成功させよう。」でお伝えしてますのでよかったら参考にしてみてください。

アイスを食べた後に温かい飲み物を飲むようにする

アイスを食べると消化器官が冷えてしまいます。なので、アイスを食べた後は温かい飲み物を飲むようにしましょう。

白湯やお茶、ホットコーヒーなど飲むのがダイエットとしてはオススメです。

補足:ダイエットの効果がある白湯って何?

白湯とは水を沸騰させて、40~50度くらいに冷ました飲み物になります。代謝を高める効果があると言われ、ダイエットにも効果が期待できます。

詳しい白湯の効果や作り方については「白湯がダイエットに効果がある理由と作り方と飲み方まとめ」にてお伝えしてますのでよかったら参考にしてみてください。

アイスを選ぶ際は糖質と脂質をチェックする

ここまで太らないアイスの食べ方をお伝えしてきましたが、糖質、脂質が高すぎるのはやはり控えたほうが良いです。

アイスを選ぶ際は成分表をチェックしたり、低糖質や低脂肪のアイスを選ぶようにしたりしてなるべく糖質、脂質に気をつけるようにしましょう。

 

まとめ:ダイエット中は我慢は禁物!アイスを食べて楽しくダイエットをしよう

ダイエット中は食べられないものが多く、我慢することが多いですよね。でも、全て我慢してしまうと反動でどか食いしてしまったり、ダイエットの失敗につながったりしてしまいます。

この記事を参考にすれば、我慢せず大好きなアイスを食べても大丈夫です。我慢をせずダイエットを成功させていきましょう。

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)

247Dieter公式LINE@でダイエットマニュアル無料プレゼント!

あなたは次のような悩みを抱えていませんか?


「ダイエットしたいけど時間がない」「思うように痩せられない」「3日坊主で続けられない」「痩せてはリバウンドを繰り返してしまう」「食事制限がつらい、食べられないことがストレス」etc...


今の世の中、情報が大量に出回っているので、「どんな方法をやったら良いのか?」も分からなくなっているかもしれません(事実、メディアやWEBでも間違った情報が多々見られます)。


なので、ダイエットを成功させることは難しいというイメージを持っているかもしれませんが、体が痩せる仕組みはシンプルです。次の2つを実践すれば、ダイエットを成功させることが出来ます。


それが「正しい食事」と「適切な運動」です。ダイエットとは一時的に行うものではなくて、正しい食事と適度な運動を“習慣化する”ことです。


そこで、この実践マニュアルをお役立て下さい。このマニュアルは、正しい食事と適度な運動によってダイエットを行っていく方法をまとめたものです。


自宅でも、無料で、簡単にチャレンジできるような内容になっています。食事に関しては「正しい糖質制限」をベースに、私たちがオススメしている方法をお伝えします。運動に関しては、自宅でも10分以内で出来るものを伝えています。


正しい食事と運動を行った方たちは、以下のような結果を手に入れています。

247___BA※結果には個人差があります。


世間一般では糖質制限が流行っていますが、正しく伝えている情報は少ないですし、正しく理解している人も多くはありません。たとえば、糖質を極端に制限しすぎてしまって、代謝が落ち、痩せにくいカラダになってしまい、その結果リバウンドしてしまう、、、という人もいます。


たしかに糖質量もダイエットに大きく影響してきますが、糖質=悪ではありません。完全カットするのではなく、コントロールしていくことが大切です。


ではどうすればいいのか?その全てをマニュアルでお伝えしています。それを14日間実践すれば、理想の体型を目指せます。健康を害する方法ではないのでご安心ください。


「ダイエットを成功させたい」「自分に自信を持ちたい」「健康を維持していきたい」「服を綺麗に着こなしたい」「年を取っても若々しくいたい」


それならこのマニュアルを無料で試してみてください。


※マニュアルはいつ公開中止になるか分からないので、今のうちにゲットしてチャレンジしてみてください。


247Dieter公式LINE@を友達追加して無料マニュアルを手に入れる!

14日で-3キロを目指す実践マニュアル