ダイエットには冬が大事なワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小松渚

東京は寒い日が続いていますが、今年は例年に比べると気温が4.3度ほど暖かいそうです!

私は寒いのが得意ではないので、気温が高いのは嬉しいんですが生き物にとっては冬の寒さが必要不可欠だって知っていましたか?

実は私、最近そのことを知ったのでちょっとお話しさせてください。。。

私が知ったのは野菜と桜についてなんですが、、、

【野菜×冬の寒さ】

野菜は冬の厳しい寒さに耐えるために通常の気温の時よりも栄養をたくわえるんです。

また、寒さに負けないために甘みが必要だといわれているので、冬の寒さを経験している野菜は栄養価が高くて甘い野菜になるんですよ。

【桜×冬の寒さ】

桜に関しては、花が咲くために厳しい冬が必要だといわれているんです。

桜の開花のメカニズムは、

秋:花芽の生長
初冬:休眠
真冬:目覚め
早春:つぼみの生長
春:開花

となっているんですが、真冬で、厳しい寒さを経験することにより休眠から目覚め、開花に向けて活動し始めます。

つまり、桜が開花するためには冬の寒さが必要ということです。

なので桜は、寒さが厳しい年ほど暖かくなると一気に開花するそうです。
逆に1、2月が暖冬の場合は3月が暖かくても開花が早くなることはないんです。

と、このようにとても厳しい環境が生き物の生長を助けているんですが、、、

これって人間も同じですよね。

たとえば、人間だって、悲しい思いをすれば、心の痛みが分かって人に優しくすることができるように、厳しい環境や経験が人の成長につながるんだと私は思います。

私は学生時代のバレーボール部での厳しい練習を3年間ほぼ休みなしで行ってましたが、
その時は本当に辛くて辛くて…
でも今思えば、それが成長につながっていたんですよね。

その時に身に付いたマナーや生活習慣は、今の仕事や私生活でも役に立っているので厳しいバレー部で良かったと思います。

この体験を通して、“厳しい環境や経験は将来を豊かにしてくれる”と実感することが出来ました。

そのため、もしあなたがネガティブな気持ちになったり、今の状況が辛いと思うことがあっても“今が豊かな人生につながっているんだ”と前向きに考えてほしいなと思うんです。

「そんな考え方できないよ…」と思うかもしれませんが、どんな考え方をしてもすぐに今の環境を変えることが出来ないなら、ネガティブに考えるよりも前向きに考えた方が単純に楽しいですからね(^^)

それでは!

P,S

ダイエットの基本は、

・運動
・食事

の2つです。

なので、一番良いのは20分以上の運動を週に2回取り入れて糖質を摂り過ぎないようにすることです。
(1日の糖質摂取量の目安 = 体重(kg)×1g”)

そうすれば、糖質制限のおかげで体重や脂肪が減り、運動で、脂肪を分解する筋肉がつき、痩せ体質を手に入れることができます。
そのため、運動だけしていても食事量や糖質量が多ければ体型の変化が遅くなります。

同じように、糖質制限をしていても運動をしなかったら引き締まった体は中々手に入りません。
だから、もし食事や運動どちらか1つだけを変えてダイエットしたいと思うなら、その分長い時間が必要だということを自覚しておかなければなりませんね。

 

-小松渚

%ef%bc%93%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88