筋トレは風邪をひきやすい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小松渚

あなたは、身体を鍛えていたり、スポーツをしている人が、
実は風邪をひきやすくなることを知っていましたか?

身体を鍛えている人はハードなトレーニングをすることによって、
筋肉に負荷をかけますが、この時に体に疲労がたまっていきます。

疲労がたまってくるとホルモンや免疫力のバランスが崩れ始めて
免疫力が低下してしまうんです。

スポーツをしている人も同じようにハードなトレーニングをすることがあるため、
疲労がたまって、免疫力が低下します。。

なので、ハードなトレーニングをしてボディメイクやダイエットをしてたり、
スポーツをしていると免疫力が低下しやすく、風邪を引きやすくなるわけです。

ということで、あなたももしかしたら
免疫力が低下しているかもしれないので、
今日は免疫力をアップさせる方法をお伝えしていきます。

 

 

免疫力アップ術|1、栄養を補う

 

ハードなトレーニングを行った後はプロテインやグルタミンを摂りましょう。

☆グルタミンとは・・・

アミノ酸の一種。
ハードトレーニングに伴う
免疫力低下・筋肉分解の防止が主な役割

トレーニング直後の摂取がおすすめ。

女性や体重の軽い男性は5g、
体重の重い男性は10gが目安。

他にも余裕があれば、ビタミンCを1日1000mg以上を少しずつとるようにしてみましょう。

(ビタミンCは水溶性のビタミンなので摂取したらすぐに身体から出てしまいます。
 なので、一気にとらずに3回くらいに分けてとりましょう。)

ビタミンCが含まれている食材は・・・

・赤ピーマン 170mg
・黄ピーマン 150mg
・ゆず(果皮)150mg
・パセリ   120mg
・芽きゃべつ 110mg
・レモン(全身)110mg
・モロヘイヤ 65mg
・いちご   62mg
・ブロッコリー 54mg
・カリフラワー 53mg

(食材100gに対して)

このように免疫力をアップさせる栄養をとって、
免疫力低下を防止してみてください。

 

 

免疫力アップ術|2、自律神経を整える

 

ハードなトレーニングをした日はいつもよりも睡眠をとったり、
ゆっくりお風呂に浸かるなどしてリラックスするようにしてみましょう。

そうすることで、自律神経が整うんです。

☆自律神経とは・・・
脈拍や血圧、発汗などの
調節をしている神経のこと。

自律神経が乱れると、免疫力を高めるために必要な白血球が増えなくなります。
白血球が増えないと免疫力が低下して、風邪をひきやすくなるので、
自律神経を整えることが大切です。

特に自律神経を乱す要因が、、、

“ストレス”です。。。

ストレスが溜まると自律神経が乱れて、免疫力が低下します。
なので、ストレス軽減のためにいつもより睡眠をとったり、
お風呂に入ったりしてリラックスをしてほしいなと思います。

ストレス解消法があなたにあればそれも行っていきましょう!

 

 

免疫力アップ術|3、冷えを予防する

 

温かいものを食べたり、防寒対策をしっかりして冷えを予防するようにしてください。

身体が冷えると、菌と闘ってくれる白血球の動きが低下してしまうんです。
特に筋肉量の少ない女性は冷えやすい傾向にあるので注意が必要ですね!

以上、大きくわけて3つの免疫力をアップさせる方法をお伝えしました。

トレーニングはダイエットやボディメイクのために行うと思いますが、
風邪を引いて寝込んでしまったらせっかく鍛えた筋肉も分解されてしまいます・・・。

なので、トレーニング中は特に免疫力をアップさせておきたい時期なんです。

最後に、免疫力が低下した時に現れる症状を紹介するので、
トレーニング中じゃなくても風邪を引く前にこれらの症状が出たら

免疫力を上げて風邪に負けない身体を作っていきましょうね。

(特に今はインフルエンザやノロウイルスが流行ってますからね…)

・口内炎ができる
・ヘルペスができる
・朝起きた時に疲れを感じる
・肌が荒れる
・身体が冷える
・風邪を引きやすく、治りにくい
・傷の治りが遅い
・便秘がち
・お腹を壊しやすい

もしあなたにこういった症状があるなら、
栄養、睡眠をとって、温かくするように心掛けてください。

それでは!

―小松渚

%ef%bc%93%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88