トレーニングをすると老ける理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小松渚

 

私の友達の中にはトレーニング大好き女がいるのですが…
(Aちゃんと呼ぶことにします)

この前その友達Aちゃんと食事をした時極めているにも関わらず、
トレーニングについて“ある悩み”を抱えていました。

この悩みはダイエットをしていると多くの人が抱えやすい悩みなので、
今日はその内容と解決策について紹介したいと思います。

 

もしあなたが、【見た目やルックス】を気にされているようなら、
今日の内容が役に立つと思うので、ぜひ見ていってくださいね。

 

で、そのAちゃんの話なんですが、
Aちゃんは毎日のようにジムでトレーニングをしたり
プールに行ったりして、身体を鍛えているんです。

 

身体を鍛えることに楽しさを見出し今ではトライアスロン

(水泳・自転車ロードレース・長距離走の3種目を順番で連続して行う耐久競技のこと。)
を行うほどです。

もう、そこまでするとアスリートみたいだなと思いながら応援しているのですが、
そんな彼女の最近の悩みが、肌年齢が実年齢よりも20歳も上であること。。。

彼女は27歳なのに、皮膚年齢だけ47歳・・・

 

・・・これって、アスリート並みの運動まではいかなくても、
ダイエットのために走ったり、水泳をしていても同じような状況になることがあります。

理由としては、通常の人よりも酸素をたくさん取り込んでいるからです。
激しい運動をすると身体を動かすためにたくさん呼吸をします。

すると身体の中で“活性酸素”が発生するんです。

☆活性酸素とは・・・
体内で酸素を利用した代謝が
行われる過程で自然に発生するもの。

活性酸素は、自然に発生するものですが身体の細胞をサビつかせて老化の原因になるんですね。

なので、健康のためには活性酸素を増やさないことが大切になります。
ちなみに活性酸素で身体がサビつくと・・・

・老化
・シミ、ソバカス、しわ
・動脈硬化、糖尿病、痴呆症
などの原因の1つになります。

 

Aちゃんの場合激しい運動のしすぎで、活性酸素が多くなり
皮膚の老化現象をおこしていたと考えられます。

まぁあとはトライアスロンで日焼けをしたのも大きいとは思いますが・・・。

ということで、今日はAちゃんにもアドバイスをした
身体のサビつき(活性酸素)を取り除くサポートをしてくれる栄養素についてお話ししていきます。

激しいトレーニングをしているほかに、

・紫外線に多く浴びている
・タバコを吸っている
・ストレスを感じている
・たくさんお酒を飲んでいる

という場合も、活性酸素が増える原因になって、肌や身体年齢を上げる原因になります。

なので、こういう生活をしている場合は今から伝える栄養素をとるようにして
サビつかない生活を送っていきましょう!

◎コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、
牛肉、豚肉、鶏肉、さば、いわし

ブロッコリー、大豆、豆腐に
多く含まれている栄養素です。

 

特に肌の老化を防ぐ効果があるといわれていて、
肌のコラーゲンを正常をつくりだす細胞を活性化させる働きがあります。

 

最近、肌の調子が良くないと思っているなら、特におすすめです!

◎ビタミンE

ビタミンEは、アーモンドやうなぎ、
モロヘイヤ、卵、菜の花
などに多く含まれる栄養素です。

 

「若返りのビタミン」とも呼ばれ、血管内をキレイにしながら、
身体を活性酸素から守る働きがあります。

睡眠不足や野菜が少ない生活を送っている場合にはビタミンEがおすすめですね!

 

◎セレン

セレンは、かつお、いわし
ねぎなどに多く含まれている栄養素です。

セレンは、ミネラルの一種で、
活性酸素と闘う抗酸化酵素というものに
必要な栄養素になります。

魚介類を食べる機会が少なかったり生活習慣が乱れていたり、
タバコを吸っていたりストレスを感じているならとっておきたい栄養素です。

と、身体がサビつかないための栄養素を紹介しました。

他にも身体をサビつかせない栄養素はありますが、
今日は身近にある食べ物で糖質制限中でも食べられるもので紹介しました。

なので、あなたがもし身体がサビつきやすい生活を送っているようなら、
今日紹介した栄養素を普段の生活でとるようにしてみてくださいね。

それではまた!

-小松渚

2アンケート